No.189240 Sた〜く/ISEJkDM 14日前
27
ストロスの杖はスクルトあるとは言え今回のイベ限定で使える特効武器感が拭えない

返信コメント(18件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.189242 OVKYNpY 14日前
    3
    メーダ系が頑張りだしそう
    あと地獄きしとかが、焼け付く息とか
  • No.189245 JTiBEHY 14日前
    6
    全体物理攻撃を連打する敵が登場するだけで評価が一変するから
    スクルト杖は確保しておきたい
  • No.189248 Sた〜く/ISEJkDM 14日前
    11
    ただ、タクトしか無くて650杖や聖風無い人は全力で行ってもいいかもですね^_^
    ザオラルも付いてるし
  • No.189250 KXhpGRk 14日前
    4
    ロザリー、デスピサロ装備の流れ?
  • No.189251 JYgUlVU 14日前
    16
    今回は妙に引かない理由探しに必死な奴が多いなぁ
    でもまぁ実際そんなもんでしょ。ハンマースピアのビンタとか1回しか使った記憶が無い
  • No.189267 EzhiIYE 14日前
    11
    ベホマラー持っている人には魅力薄いよね?
    防具は、他のスキル回復でも使えるから魅力だけれど
    最近、2枚回復構成って長く使っていないし、スカラを使うこともほとんどないし
    棍だったら魅力だったのにね?
    どうせ当たらないだろうけれど
  • No.189304 QUBVeBc 14日前
    6
    ストロスなくても、ゲマ余裕だしね。個人的にはドラゴンロッドの方が使い勝手良いし、マイレージはグリンガム狙いだわ。
  • No.189327 hlgEglA 14日前
    12
    スクルトの全体防御更新はたぶん先々地味に役立つのですごくほしいけど、6万ジェムぶっこむほどの魅力ではないかな。
  • No.189359 JDFlI3g 14日前
    0
    ドラクエ5の上級クエスト用だと思ってるけど、まあいらないかもしれませんが
    上級クエスト解放されて必要だと引く人増えそうな予感がします
  • No.189365 FDMoE2M 13日前
    7
    回復に忙しくてスクルトやるヒマあるのだろうか?
  • No.189371 OBWTFSk 13日前
    7
    スカトロスのつえはマラつえ、男ろっど持っててて追うものではない!
    重課金、youtuberぐらいだろ。
  • No.189411 U2KTeBA 13日前
    6
    聖風か650回復を持っている回復2枚パーティーの場合
    攻撃的……ダンロ
    守備的……ストロス
    こんな使い分けをしろという事ですよね
  • No.189649 hlgEglA 13日前
    7
    回復の聖風、攻のダンロ、守のストロス。全部回復武器だけど、使い方が全く変わるのは面白いね。聖風は回復しかできない。賢者じゃないと本領発揮できない。が、ぶっちぎりの現状最強回復。ダンロとストロスは、主回復も出来るけど基本的にはサブ回復としての強化ばらまきが仕事。強化する暇ない展開だと不完全燃焼気味。
    回復は聖風に任せて、ダンロとストロスがフォローに回る。不沈艦1アタッカーシステム。無課金の自分が目指してるここで生き抜く当座の理想形。
  • No.189656 JhAWgUQ 13日前
    14
    ストロスは二本目の回復武器なのよね。ストロス一本で回復一枚はかなり厳しいし、スクルトを使う暇がない。今んとこ聖風一枚の三枚攻撃のほうがうまく回っちゃうからなぁ
  • No.189958 MHASQxg 11日前
    4
    メガモンはなくても行けちゃうので実質5の(超)高難易度がピークになりそう。
    石化が今後どれぐらい出てくるかで価値が変わるけど、まあ年1回も来ないだろうなという予想。だから石化だけじゃなくて麻痺回復も付いてるんだろうし。
  • No.189959 I4MoGCg 11日前
    4
    ベホマラー2本持ちならいらん
    新規ユーザーや聖風の杖持って無いなら引く価値は高い
    自分は聖風の杖2本あるから配布の10連のみ
  • No.190059 JwYZMwA 11日前
    2
    ゲマなら聖風一つで充分。ストロス引いて装備だけ当たって杖が当たらない未来が見える。
  • No.190080 MgJ5FUQ 11日前
    0
    むしろゲマには回復いらないまである。
ページトップへ
×