No.12 匿名/ISkSMZY 2018年12月10日
6
5
scpの攻撃、防御、HPが対等である証明は証拠不十分なのではないでしょうか。
確かにちょうど相打ちになるポケモン同士であればひとつのステータスがきれいに2倍になる時強さは2倍となります。
しかし1.1倍、1.2倍など2倍になるまでの過程の全ての倍数に関して綺麗に比例するでしょうか。
攻撃、防御に関しては途中計算上のダメージ量として綺麗に比例するかもしれませんが切り捨てが含まれていること、継続したダメージではなく断続的なものであるため特にHPの面でズレが生じます。
対等ではない個体の比較にはなりますが理論値メタグロスの等倍バレパンは防御実数値145.43~181.78の間では等しく5ダメージです。

返信コメント(4件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.17 匿名/ISkSMZY 2018年12月11日
    3
    5
    cpのランキングは通常のバトル及びマスターでの選択肢として、また強さの他にもただ高い値のポケモンをコレクションしたい人などに有用な値だと思います。
    攻撃力のランキングについては私はそれ単体で有用と言うよりかは種族値合計から見た攻撃力の割合によりcp制限時に他のポケモンよりも高い実数値を実現出来るポケモンを探すものとして役立つと思います。別にcp制限のない場所でも同じ技を持つポケモンなら実数値の高くなる攻撃力ランキングがより上位のポケモンを採用するということにも使えるでしょう。

    そもそもこれらを引き合いに出すことが間違っています。
    scpが独自の理論(攻撃防御HPの価値が等しい)に基づいて算出された値であること、その理論の根幹が正しくないと思うのでこの数字は役に立たないのではないかというのが私の言っていることです。
    恣意性の意味を正しく使用しているのか甚だ疑問ですが、cp及び攻撃力には恣意性は介在しません。
    指数比率が違うからscpがcpよりも理論的であるというのはマスターカップのみに適用される話ですね。

    scpが有用な値であるかどうか証明したいのであれば攻撃防御HPのトレードオフから考えてみてはいかがでしょうか。
  • No.16 てぃぼり/GTMQI2g 2018年12月11日
    4
    1
    SCPは攻撃力・防御力・HPをかけて規模調整しただけのものです。
    攻撃力のランキングやCPのランキングに意味があるとしたら、同じだけSCPのランキングにも意味があります。
    むしろSCPはCP(攻撃力と耐久力の指数比率を1:0.5に設定しているがこれは理論的なことではない)よりも恣意性の低い値です。

    「信頼できる」の意味は、「不確定要素あるいは恣意性を含まない」という意味です。
    攻撃力のランキングなどと一緒です。
    その意味で、不確定な技の仕様などを含めた対人戦の強さ予想よりも「信頼できる」参考資料となります。
    適用できるというのも、攻撃力のランキングそのものはどんなバトルにも適用できるということと同じことです。
    念を押していますように"実戦の強さの順として信頼できる"という意味ではありませんのでそこを取り違えないようにお願いいたします。

    もし「攻撃力やCPのランキングなど実戦どおりでないから参考にならない。同じようにSCPも参考にしない」という考えであれば、それは各自の判断です。
  • No.14 匿名/ISkSMZY 2018年12月11日
    4
    4
    平均化できないものを平均化してこの数値が一番信頼できるというのは論理的ではないと思いますね。

    <技やタイプや攻撃ペースなど他の条件が全て同じだとすると、SCPが高い方が勝ちます。

    技やタイプや攻撃ペースなど他の条件が全て同じというのは影響を含まないとは同義ではありません。

    <ジムやレイドバトルを含めどんな仕様のバトルにも適用することができます。

    ここにもあるようにどんな仕様のバトルにも適用と書いているのにバトルの仕様の影響を含まない値と自分から矛盾させている時点で筋が通っていないことは明白です。
    下の方でエアプと言われているのはそういった所からきているのではないでしょうか。
  • No.13 てぃぼり/GTMQI2g 2018年12月10日
    4
    1
    全ての場合に共通して特定のステータスが優位になることはありません。
    防御だけでなく全てのステータスの影響は実戦では階段状に表れて、ある区間まったく戦闘結果が変わらずある閾値を境に影響が現れます。
    閾値も相手によって変わります。
    変わらない区間が長いものは、その分変わったときの影響が大きくなります。
    あらゆる場合を平均すれば全てのステータスの影響は同じです。

    また念を押していますように、SCPは技・バトルの仕様・タイプの影響を含まない、「ステータスのみの勝つ力」です。
    ここに技・バトルの仕様・タイプの影響が加わって実戦の強さになります。
    ダメージ計算の端数処理の影響もその範疇です。
    たとえ実戦ベースで具体的な両サイドのポケモンを指定したときに「主な相手と戦うときに端数処理の影響がこうなりやすい」ということがあったとしても、SCPはそれを含む値ではありません。
ページトップへ