ウィッチのクラス紹介

2017/03/04 20:54  0件
シャドウバース(シャドバス)のクラス「ウィッチ」の特徴やキーカードを紹介しています。

リーダー

名前イザベル(Isabelle)CV佐倉薫
イントロダクション
アレスター王国で魔術の研究を行っている、宮廷魔術師の女性

最愛の婚約者を喪った事故をきっかけにして、彼女は死者蘇生という禁忌へと足を踏み入れていく。

ウィッチの特徴

スペルブースト

スペルブーストを持つカードが手札にあった場合スペルブーストが溜まっていきダメージが上がったりコストが下がったりと様々な恩恵がある。

土の秘術と土の印

場に土の印が出ている場合にのみ効果があるカードがある。土の印を使う土の秘術はやや守りに向いたカードが多い。

多彩なスペルカード

スペルが多めのクラスであり多彩な攻撃が可能、反面フォロワーはやや少なめ。フォロワーは慎重に吟味しよう。

全体的には遅めのクラス

スペルで攻めるにしろ土の印で攻めるにしろ溜めが必要なため、トドメを指せるのがやや遅く、早くても7~8ターンくらいにならなければ決着を付けれないだろう。それ故にアグロ系にはやや弱い。
※バハムート降臨でのスペルブーストフォロワー登場によりかなり素早く攻撃できるようになった。

ウィッチのキーカード

変成の魔術

相手の場にあるどんなカードも変化させることが出来る。相手の強力カードを変化させたり妨害し相手の攻撃を遅らせよう。土の印があると消滅させれるが、無くても使う価値がある強力カードである。今後次々出てくるであろう新強力カードにも対応できるので弱くなることはないだろう。

古き魔術師・レヴィ

進化することで低コスト高威力スペルカードを手札に加えることが出来る。あらゆるウィッチデッキで使われる強力カードである。本人が低コストながら相手の場を除去しつつ相手リーダーにダメージを与えられる。さらにスペルブーストの恩恵もあると良いことづくめであり、殆どのウィッチのEPはこのカードに使われることだろう。

運命の導き

ウィッチの誇るドローカード。スペルを使わないデッキはほぼ無いのでスペルブーストが溜まらないことはないだろう。スペル多用のデッキでは言わずもがな、土の印を使うデッキでも採用する価値はある。

マーリン

レジェンドだが、コストも軽いほうでありスペルブーストを多用するデッキでは必須カードである。単純に2枚サーチ&ドローできるカードと考えるだけでも強さがわかるだろう。基本的にはこのカードが出てきたら次元の超越デッキである。

次元の超越

ウィッチの切り札であり最終兵器、スペルブーストを使うデッキの場合基本的にはこのカードの発動を目標に力を蓄えていくことになる。しかし当然ただ使うだけでも勝てないので、なんらかのダメージを与えるカードは用意しておこう。

VSウィッチデッキの戦略

クラス別カード一覧

エルフロイヤルウィッチドラゴン
ネクロマンサーヴァンパイアビショップ

クラス紹介


エルフ

ロイヤル

ウィッチ

ドラゴン

ネクロマンサー

ヴァンパイア

ビショップ

コメント (0件)

投稿の際は「利用規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
コメントがありません。
ページトップへ