ヴァンパイアのクラス紹介

2017/03/04 21:06  0件
シャドウバース(シャドバス)のクラス「ヴァンパイア」の特徴やキーカードを紹介しています。

リーダー

名前ユリアス(Urias)CV諏訪部順一
イントロダクション
夜を統べし種族ーヴァンパイアの最後の一人
かつてのアレスター国王・バルタザールに敗北し、封じられていたところを、何者かによって解放された。
永き眠りから目覚めた彼は、バルタザールとの再戦を果たすべく、闇の世界に舞い戻る

ヴァンパイアの特徴

自分のリーダーにダメージを与えるカード

自らに自傷ダメージを与えることで使うカードが多い。後述の復讐状態にするために使われることがほとんどである。体力が少ない状態では使えないので諸刃の剣ではある。

復讐状態

自傷ダメージをうけたり、相手の攻撃でピンチになったとき体力が10以下で発動する状態。この状態の時限定で能力が発動するカードを使い勝利を狙っていこう。

攻撃と回復を同時に行うドレイン

自傷ダメージにより体力が少なくなりがちなヴァンパイアだが攻撃することによりダメージを回復するドレインという効果持ちが多い。意外にも回復力はあるほうである。

ダメージスペルが多い

基本的にはダメージのやり取りが多くエルフの少女・リザは非常に苦手である。エルフを相手にする場合は注意しよう。

強力な高コストフォロワー

ヴァンパイアは案外低コストと高クラスの役割がしっかりしており、デッキによってまったく様変わりするクラスである。アグロ系ならば低コストフォロワーで高コストカードは入れずに、コントロールならば高コストフォロワーをバランス良く入れて戦おう。

キーカード

黙示録

ヴァンパイアの切り札であり強力な除去手段である。ヴァンパイアと戦うときは常にこのカードを想定していると言っても過言ではないだろう。場をリセットできるが、使うタイミングが勝敗を大きく分けるので慎重に使いたい。

鋭利な一裂き

自傷ダメージはあるものの非常に使い勝手がいいカード。手札に持っておくだけで状況対応力がぜんぜん違うのでアグロでもコントロールでも必須カード言えるだろう。

夜の群れ

相手フォロワーにダメージを与えつつ召喚も出来るカードヴァンパイアバッドが進化できることも考えればなかなかの状況対応力である。このカードは相手の場にフォロワーがいないと使えないので、ヴァンパイアを相手にする場合あえてフォロワーを出さないという選択肢もありうる事を覚えておこう。特に相手の場にヴァンピィがいる場合は要注意である。

クラス別カード一覧

エルフロイヤルウィッチドラゴン
ネクロマンサーヴァンパイアビショップ

クラス紹介


エルフ

ロイヤル

ウィッチ

ドラゴン

ネクロマンサー

ヴァンパイア

ビショップ

コメント (0件)

投稿の際は「利用規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
コメントがありません。
ページトップへ