試合での勝ち方のコツ!スタミナの減る条件と球種ごとの使い方を覚えよう

2016/09/20 16:35  2件
白猫テニス(白テニ)のプレー上達のコツを掲載しています。白猫テニスでは、スタミナを温存しながら相手のスタミナを削ることが最も重要となるので、まずはスタミナが減る条件について覚えましょう。


スタミナの減る条件を覚えよう!

条件スタミナ減少度
スーパーショットを打ち返した時特大
Justショットを打ち返した時
Goodショットを打ち返した時
はやい、おそい、ちかい、とおい球を打ち返した時
走った時(サーブ前を除く)徐々に減少
近くの球を空振った時


球種によるスタミナ減少度の影響は、同じ条件の球(例えばJustショット)の場合、スマッシュ>スピン>スライス≒ロブとなるようです。

左右に打ち分けよう!

左右にフリックして打ち分けましょう。空いたスペースを狙うことで、相手にスタミナを消費させ、有利に試合を運ぶことができます。ただし、鋭角に打つということは、相手の球も鋭角に飛んでくる可能性が高いことに注意しましょう。

フォアハンドとバックハンドを知ろう!

フォアハンドはバックハンドよりも威力が高いので、回り込める球は回りこんで打ちましょう!

ジャストショットを狙おう!

ジャストショットを打つことで、球速が上がり、相手のスタミナを大きく削ることができます。ジャストショットは、白いライン上でタイミングよくタップするのがコツです。

ロブを使おう!

相手がネットに来た時はロブのチャンス!相手の頭上を超える球が打てるので、状況を見て使い分けましょう。

スマッシュで点を取ろう!

相手がボールを打ち上げた時はスマッシュのチャンス!床のチャンスがスマッシュに切り替わった時にタップしましょう。


また、チャンスマークは出ませんが、ロブでもスマッシュが打てます。ロブが来たら積極的にスマッシュを狙ってみましょう。

スライスで追いつこう!

端に打たれた球も、スライスならスイングエリアが広がり追いつけるチャンス!チャンスボールを出した後は、スライスに切り替えてスマッシュに備えましょう。スライスを活かせるようになると、追い込まれてからが強くなります。

ネットプレーをしよう

遅い球が来た時は、素早くネットに出て、ボレを打ちましょう!ネットに近いとボレーの角度は鋭くなるので、攻めのボレーは出来る限りネットに近づきましょう。

キャラタイプで勝負しよう!

テクニックタイプはドロップショット、サーブタイプはフラットサーブがつかえるので、これらの球種を活かして試合を有利に進めましょう!

スーパーショットはスルーもあり

ダグラスのスーパーショットは打ち返すとスタミナを吸収されるため、打ち返さずにスルーするのも一つの手です。

空振りに注意

近くの球を空振りすると、スタミナが大きく減るので注意しましょう。近くに球がない場合はいくら素振りしてもスタミナは減りません。

▲汗マークが表示されスタミナが減少する。

フォルト球は打たない

フォルトになった球を打っても、スタミナが減少するので、フォルト球は打たないようにしましょう。

▲フォルト球を打ち返してもスタミナが4減っている。

スタミナドリンクは活躍できるキャラに使おう!

スタミナドリンクはすぐに取らず、この後の展開で最も活躍できる可能性のあるキャラに使用するようにしましょう。

手持ちキャラの順番を考える

手持ちキャラの使用順序を考えることで、戦略的なプレーが可能となります。強い相手との試合では1ポイントが非常に大きな意味を持ってくるため、最も重視するポイントであり、白猫テニスの醍醐味とも言えます。

例:フランとクライヴを持っている場合

クライヴのスーパーショットで相手のコートに氷を張り、フランのドロップで氷付近に球を落とし、ポイントを狙う。

どのタイプのキャラが有利??

キャラが揃っておらず、1体だけで戦うことが多い、タワーやツアーの序盤では、スタミナタイプが圧倒的に有利です。

タワーの上階層やツアーのスタークラスなどになると、コートタイプやキャラタイプの組み合わせも重要となってきます。

次におすすめの記事

コメント (2件)

投稿の際は「利用規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
  • No.1 匿名/QoZQdYA 2016年8月27日
    1
    3
    シングルで強いタイプはストロークスタミナ
    ダブルスで強いタイプはテクニックスピード
    サーブはゴミって感じかな
    返信数 (1)
    • No.2 匿名/KFVJF0E 2016年9月20日
      2
      4
      フォルトは打ってもスタミナ減りませんよー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    返信する
ページトップへ