種族値、個体値の意味と違いについて

2018/10/16 16:21  1件
ポケモンの強さを表す指標である「種族値」と「個体値」について解説しています。それぞれの意味を知っておくことで、ダメージやCPの計算も可能となります。
ポケモンの強さ
種族値/個体値CP/ダメージ計算

2018年10月の種族値変更で、HPと防御の変換式が変更となりました。

種族値について New

種族値とはポケモンの種類ごとに設定されており、HP、攻撃、防御の3種類あります。種族値は隠しステータスとなっているため、ゲーム内では確認できません。当サイトではポケモン一覧ページでまとめて確認できます。

種族値の決まり方

ポケモンの原作では、HP、攻撃、特攻、防御、特防、素早さの6種類の種族値があり、ポケモンGOの種族値はそれらの原作の種族値から一定の変換式で変換することで決められています。

種族値変換式(2018年10月変更対応済み)

2018年10月にHPと防御力の変換式が変更されました。攻撃力は変わっていません。なお、ミュウツー、ホウオウ、ケッキング、カイオーガ、グラードンの各種族値は変換後に1/1.1倍に調整されています。

HP種族値

\[\bfHP種族値=1.75\times原作HP+50\]\[\small※小数点以下切捨\]

攻撃力種族値

\[\bf攻撃力種族値=攻撃変換値\times素早さ補正値\]\[\small※小数点以下四捨五入\]
\[攻撃変換値=2\times(0.875\times高い方+0.125\times低い方)\]\[\small※小数点以下四捨五入\]\[\small※原作「攻撃」「特攻」の高い方と低い方\]
\[素早さ補正値=1+\frac{原作素早さ-75}{500}\]

防御力種族値

\[\bf防御力種族値=防御変換値\times素早さ補正値\]\[\small※小数点以下四捨五入\]
\[防御変換値=2\times(\frac{5}{8}\times高い方+\frac{3}{8}\times低い方)\]\[\small※小数点以下四捨五入\]\[\small※原作「防御」「特防」の高い方と低い方\]
\[素早さ補正値=1+\frac{原作素早さ-75}{500}\]

種族値変換式(2018年10月変更前)

2018年10月の変更前の変換式です。なお、ミュウツー、ホウオウ、ケッキング、カイオーガ、グラードンの各種族値は変換後に1/1.1倍に調整されています。

HP種族値

\[\bfHP種族値=2\times原作HP\]

攻撃力種族値

\[\bf攻撃力種族値=攻撃変換値\times素早さ補正値\]\[\small※小数点以下四捨五入\]
\[攻撃変換値=2\times(0.875\times高い方+0.125\times低い方)\]\[\small※小数点以下四捨五入\]\[\small※原作「攻撃」「特攻」の高い方と低い方\]
\[素早さ補正値=1+\frac{原作素早さ-75}{500}\]

防御力種族値

\[\bf防御力種族値=防御変換値\times素早さ補正値\]\[\small※小数点以下四捨五入\]
\[防御変換値=2\times(0.875\times高い方+0.125\times低い方)\]\[\small※小数点以下四捨五入\]\[\small※原作「防御」「特防」の高い方と低い方\]
\[素早さ補正値=1+\frac{原作素早さ-75}{500}\]

個体値について

個体値とは各個体ごとに設定された値であり、タマゴ入手時、野生ポケモン出現時に決定されます。個体値には、攻撃、防御、HPの3種類があり、それぞれ0~15の16段階で表されます。
ゲーム内の「ポケモンを調べてもらう」機能を利用することで、おおよその個体値を把握することができます。

ポケモンレベルについて

ポケモンには隠されたパラーメータとしてポケモンレベル(PL)があり、以下の仕組みとなっています。

  • 強化するごとに0.5ずつ上昇
  • 強化できる最大PLはトレーナーレベル+2(最大40)
  • 野生で出現するポケモンはPL30以下で、整数のPLのみ出現
  • 野生で天候ブーストがかかっているときは上記PLに+5され、PL6~35が出現
  • タマゴから孵化するポケモンはPL20

コメント (1件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.1 匿名/KAISh5U 8月8日
    0
    0
    最大PLはTL+1.5ではないですか?
ページトップへ