Niantic ソーシャル インパクト

2件
国土交通省がNianticと初コラボしているNianticソーシャル インパクトについてまとめています。地域の魅力・歴史的建造物を『Pokémon GO』で再発見することがNianticソーシャルインパクトの目的です。

Nianticソーシャルインパクトとは

国土交通省が『Pokémon GO』と連携し、地域固有の歴史文化を改めて知ったり、親しめる機会を提供する試みです。

国が認定する全国の「歴まち認定都市」で順次、歴史的建造物がポケストップやジムとして登場します。

対象のポケストップには「建造物の説明」や「歴まちロゴマーク」が表示され、各都市の歴史まちづくりの取組や魅力を紹介するホームページ「歴まち情報サイト」へアクセスできます。

▲歴まちロゴマークのポケストップ


歴まち認定都市とは

地域固有の風情や情緒を維持向上するために歴史まちづくりに取り組んでいる都市。歴史まちづくり法に基づく歴史的風致維持向上計画について国の認定を受けています。

第一弾(神奈川県小田原市)

計25 箇所(板橋周辺地区、南町周辺地区、かまぼこ通り周辺地区等)
令和3年11月15日開始

▲老欅荘

第二弾(静岡県三島市・和歌山県広川町・広島県尾道市・愛媛県内子町・福岡県太宰府市)

計127 箇所(三島市23、広川町17、尾道市28、内子町18、太宰府市41)
令和5年4月25日開始


▲左:カワバタ(三島市) 右:濱口家住宅(広川町)

▲左:尾道商業会議所記念館(尾道市) 右:旧下芳我家住宅・隠居屋(内子町)

▲筑前国分寺跡(太宰府市市)

第三弾(秋田県横手市)

計22箇所
令和5年5月25日開始


▲左:木村屋商店本店 右:旧片野家住宅

▲陣館遺跡(じんだていせき)

第四弾(福島県国見町、静岡県浜松市、滋賀県大津市)

計111 箇所(国見町13、浜松市50、大津市48)
令和5年7月25日開始


▲左:奥山家住宅(国見町) 右:信康廟遥拝所(浜松市)

▲大津別院本堂(大津市)

第五弾(熊本県熊本市)

9月下旬に実装予定

小田原のタグ

関連記事がありません。

コメント (2件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.2 iIICiCA 2023年4月28日
    4
    0
    坂のやつとはまた違うの?
  • No.1 @moutoku27 2023年4月28日
    58
    0
    個人的にはこうやって公認されたポケストップが増えてほしい。
    「これぞ位置情報ゲーム!」って感じで良い。観光スポットも回れて一石二鳥。
    みんなで作るWayspotも面白くて悪くないけど「これが?」ってのはあるし「これは?」ってのは無いし……。
    この取組が功を奏し、何段も続いてくれれば過疎地帯にポケストップが増えますかね?
    期待。
攻略
Menu
ページトップへ

トーク マイページ ユーザー設定 ログアウト

×