バフ・デバフ技一覧

技性能レガシー技バフ・デバフ技
使用場面PvP・PvE
わざ種類ゲージ技
タイプ

バフ・デバフ技

実装日2019年2月16日

ポケモンGOではこれまですべての技がダメージを与えるだけのものでしたが、2019年2月16日に自身や相手の攻撃力や防御力がアップするバフ技、ダウンするデバフ技が初めて実装されました。バフ技は現在のところトレーナーバトルのチャージ技でのみ実装されています。

バフとは

バフとはゲームにおいて一時的にステータスを上げる効果やそのためのアイテム・技などを表します。ポケモンで用いられる「積み」も同義です。また、ステータスを一時的に下げる効果については、デバフと呼ばれます。

バフの効果倍率

攻撃、防御ともにバフ、デバフのそれぞれで4段階の効果倍率があります。1度に上がる量は技ごとに決まっています。

効果率バフデバフ
1段階目x1.25x0.8
2段階目x1.5x0.66666667
3段階目x1.75x0.5714286
4段階目x2.0x0.5

ゲーム上での表記

実際のゲーム上では効果倍率によって以下のように表示されます。

1段階アップ○○があがった!
2段階アップ○○がぐーんとあがった!
1段階ダウン○○がさがった!
2段階ダウン○○ががくっとさがった!

交代時のバフ効果

バフのかかったポケモンを一旦引っ込めた後、再度場に出した場合、バフの効果は消えずに引き継がれます。
以下の動画ではチャーレムがグロウパンチでバフ効果を3段階上げたあとに、ハネッコに交代。再度チャーレムを場に出して攻撃し、バフなしの状態よりもダメージが高いことを確認しています。

バフ・デバフに関するその他の情報

ガードされても有効

バフやデバフ効果を持つ技をシールドで防がれた場合でも、バフ・デバフの効果は有効です。

ページトップへ