【トレーナーバトルの仕様③】ターンの流れの仕組み

2019/03/13 22:07 kenerl
トレーナーバトルのターンの流れの仕組みについてまとめました。
トレーナーバトルの仕様
1ダメージ発生の仕組み
2ゲージ増加の仕組み
3ターンの流れの仕組み

バトルはお互いの通常技の出し合いで進む

トレーナーバトルは0.5秒=1ターンとしたターン制となっており、ジムバトルやレイドバトルとは仕様が大きく異なります。
技も全てトレーナーバトル専用のものとなっており、例えば通常技がマッドショットであれば2ターン(1秒)間隔で撃つことができ、あわであれば3ターン(1.5秒)間隔で撃つことができます。

わざ名威力ゲージ
増加量
時間DPTEPT
マッドショット3921.504.50
あわ81132.673.67

ゲージ技を使った場合はターンはどうなる?

通常技vsゲージ技

相手の通常技の発動中に自分がゲージ技を発動した場合、その通常技の残りターンはなくなり(有効)、ゲージ技終了後にお互いの行動が再スタートとなります。
以下はマリルリとナマズンの対戦ログになります。ナマズン側は11ターン目でどろばくだんを発動することができますが、このターンはマリルリ側のあわの行動途中となっています。ここでゲージ技を使うとマリルリ側のあわの行動が終了となり、12ターン目からお互いの行動が再び開始されます。

ゲージ技vsゲージ技

お互いのゲージ技が同時になった場合は後発のゲージ技の処理が終了した後にお互いの行動が再スタートとなります
以下のメガニウムvsエアームドの対戦ログを例に説明すると、この組み合わせでは15ターン目でお互いのゲージ同時に発動されます。そして、お互いのゲージ技が終了した後の16ターン目から通常技を発動されるという流れになります。

通常技の途中で相手がゲージ技を開始した場合

通常技途中のゲージ技入力が有効となることがある

2ターン以上の通常技の途中の入力は、最終ターンを除き、普通は無効となります。
次のターンには通常技の残りターンが続くためです。

しかし2ターン以上の通常技の途中で必要ゲージが溜まっていてゲージ技の入力を行っており、かつ次のターンで相手がゲージ技を開始した場合は、通常技の残りターンが打ち切られるため、そのゲージ技の入力が有効となります。
その場合相手のゲージ技に続き、入力時間を挟むことなく、ゲージ技が開始されます。

基本的にゲージが溜まっていないとダメ

上記は基本的に、相手がゲージ技を開始したターンの直前ターンの時点で端末上で必要ゲージが溜まっていないといけません。
例えば以下のマリルリvsオーダイルの場合、マリルリ側は18ターン目でサーバ上はじゃれつくに必要な60以上のゲージが溜まっていますが、その情報が端末に届くのは19ターン目の自分又は相手の行動開始時となります。
19ターン目ではオーダイルがハイドロカノンを放っていますが、この場合は18ターン目中のじゃれつくの入力はできず通常技の入力となり、ハイドロカノンに連続してじゃれつくが発動する流れとはなりません。
ハイドロカノンの終了後にじゃれつくの入力となり、相手の通常技とも重なります。

ゲージ技の特殊な発動条件

極めて例外的ながら、必要ゲージが溜まっていないターン中に行ったゲージ技の入力が、直後のターンで必要ゲージが溜まることで有効になるケースが確認されています。
上記のメガニウムvsエアームドの対戦ログを再掲します。

ここではエアームドが15ターン目の相手のハードプラントに続き、入力時間を挟まずにゴッドバードを発動しています。
これは、14ターン中のゲージ技入力が有効となったものです。
通常であれば、14ターン中はまだ必要ゲージが溜まっておらず、ゴッドバードの入力はできないはずです。
しかし、次の条件を満たすとき例外的にゲージ技が発動することが確認されています。

  • 通常技が3ターン以上
  • その通常技の最終ターンで必要ゲージが溜まる
  • その最終ターンに相手のゲージ技が開始される

以上の条件を全て満たすときは、その直前ターン中のゲージ技の入力が、あたかもその時点から必要ゲージが溜まっていたように有効となり、相手のゲージ技に続きゲージ技が発動します。

あとがき

この内容はてぃぼり(@tivoli_pokego)とカネール(@kenerlsanders)による共同研究をまとめたものです。
PvPシミュレータ【β版】は【トレーナーバトルの仕様①~③】の記事の内容に基づき作成しており、ゲーム上の感覚に近い詳細なシミュレーションを行うことができます。

コメント

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
コメントがありません。
ページトップへ