タマゴ孵化のメリットや効率化

2017/06/10 10:57  0件
ポケモンGOにおけるタマゴ孵化の仕組みとメリット、効率的なタマゴ孵化の方法について掲載しています。タマゴ孵化の確率など細かな仕組みについても掲載していますので参考にしてみて下さい!

タマゴの孵化とは

  • ポケストップでタマゴを入手し、ふかそうちに入れて一定距離歩くことでポケモンを孵化させることができる。
  • タマゴには2km、5km、10kmの3種類があり、その距離を歩くことで孵化する。
  • 孵化するポケモンはタマゴの距離ごとに決まっている。
  • ふかそうちには「むげんふかそうち」と「ふかそうち」の2種類があり、むげんふかそうちは初めから所持している。
  • ふかそうちはショップで購入する必要があり、3回使用すると壊れる。

参考記事

タマゴ孵化のメリット

  • 個体値30(攻10防10HP10)~45のポケモンだけが産まれるため高個体値を狙える。
  • ベイビーポケモンなどのタマゴ限定ポケモンを入手できる。
  • 野生ではなかなか出現しない、ラプラスなどを入手できる。
  • 孵化時にアメやほしのすなが手に入る。

ほしのすなとアメの入手量

もらえる量は最少~最大の範囲内でランダム。

タマゴ距離ほしのすなアメ
最少最大最少最大
2km400800512
5km8001600523
10km160032001632

参考記事

効率的なタマゴの孵化

ふかそうちを複数使う

タマゴは最大9つまで所持でき捨てることはできない。そのため、所持しているタマゴをなるべく多くふかそうちに入れて孵化の回転を早めることで、短時間で多くのタマゴを孵化させることができる。
タマゴの孵化
▲効率的に孵化させるにはなるべく多くのタマゴをふかそうちにセットしよう

むげんふかそうちには2kmタマゴをセット

むげんふかそうちは何度使用しても壊れないため、回転の早い2kmたまごをセットすることでそうちの節約となる。

▲むげんふかそうちには2kmタマゴをセットしよう

最効率は自転車!

移動距離を稼ぐには自転車で移動するのが効率的。時速10km以上では移動距離がカウントされなくなるため、車や電車の場合は、速度が落ちたときにのみカウントされる。

タマゴから孵化する確率は? New

特定のポケモンがタマゴから孵化する確率は、タマゴの距離とは関係なくポケモンの種類ごとに大きく4つに分類されている。

情報元:SILPHROAD

タマゴ孵化時のポケモンのレベルについて

タマゴ孵化時のポケモンレベルは、以下の法則に従う。トレーナーレベル20以上であれば、必ずLv20のポケモンが生まれるため、孵化と同時に個体値MAXかどうかを判断できる。

トレーナーレベル孵化するポケモンのレベル
TL19以下トレーナーレベルと同じ
TL20以上必ずLv20

地域限定ポケモンはタマゴから孵化するのか?

現在、ケンタロス、サニーゴ、ヘラクロスのような地域限定ポケモンはタマゴからは孵化しない。また、タマゴは手に入れた地域で出現するポケモンしか孵化しないため、今後、地域限定ポケモンがタマゴから孵化するようになったとしてもその地域でタマゴを手に入れない限り孵化しない。

その他

  • タマゴを手に入れた時点で孵化するポケモンが確定する。従って、特定のポケモンの孵化率アップイベントが来た場合などには、イベント開始後にタマゴを入手する必要がある。

関連記事

コメント (0件)

投稿の際は「利用規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
コメントがありません。
おすすめ情報
ポケモン
わざ
特殊ポケモン
徹底解説
一覧 / 早見表
攻略情報
裏技・豆知識
用語解説
その他
ページトップへ