アップデート0.93.3の内容まとめ

2018/03/07 09:01
ポケモンGOのアップデート0.93.1の内容とアップデート後の解析情報について掲載しています。

アップデートまとめ

判明次第追記。

図鑑の性別バグが修正

ポケモン図鑑で、性別が1つしかないポケモンにも両方の性別が表示されてしまうバグが修正されました。

▲バルビートは♀は存在しないがアップデート前の図鑑では両方の性別が表示されていた

解析情報まとめ

大量のコードが削除/追加

今回のアップデートでは大量のコードの修正が行われています。大部分は基盤部分のコードの変更であり、マップの表示方式の変更、PTC認証やQRコード読み取りの調整、データベースツールの置き換えなどが行われています。

  • 21164行が削除
  • 44581行が追加
  • 663行が変更

計65745行が変更

画像が追加

用途は分かりませんが以下の画像が追加されています。

ポケモンGOプラスに関するコードが修正

新たにPGPSETPRODUCTという属性が追加されており、これはBluetoothにリクエストする製品やデバイスを記録するためのものではないかと予想されます。またネットワークへのリクエストやフラグ、GOプラスの状態に関するコードも修正されています。

.PokemonGoPlus

.CentralState

.RESETTING
.UNSUPPORTED
.UNAUTHORIZED
.POWERED_OFF
.POWERED_ON

.SfidaConnectState

.DISCONNECTED
.DISCONNECTING
.CONNECTED
.DISCOVERED
.CERTIFIED
.SOFTWARE_UPDATE
.CONNECTING
.INITIALIZED
.STARTING
.STARTED
.RESUMED
.PAUSED
.STOPPED

.NotificationType

.NO_NOTIFICATIONS
.POKEMON_NOTIFICATIONS
.POKESTOP_NOTIFICATIONS
.ALL_NOTIFICATIONS

アップデート後に新たなバグも

アップデート後にレイドタマゴの時間やEXレイドパスの開催時間がおかしくなるバグが発生しているようです。

アップデートのタグ

コメント

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
コメントがありません。
ページトップへ