ミュウツー復刻などに備えよう!ギラティナ(オリジン)の使いみちまとめ

ギラティナ(オリジン)のレイドバトルでの使いみちについてまとめました。

ギラティナ(オリジン)について

ギラティナのオリジンフォルムとアナザーフォルムは防御と攻撃の種族値が反転しており、オリジンフォルムはアナザーフォルムに比べ攻撃に特化しています。

フォルム

オリジンフォルム

アナザーフォルム

ギラティナ(オリジン)と(アナザー)の性能比較

ギラティナ(オリジン)の性能
最大CP3683
攻撃225
防御187
HP284
ギラティナ(アナザー)の性能
最大CP3379
攻撃187
防御225
HP284

ギラティナ(オリジン)はミュウツーに最適!

攻撃面での優位性

オリジンフォルムはアナザーフォルムよりも攻撃種族値が高いだけでなく、技構成も優秀です。シャドークロー/シャドーボールという強力なゴースト技の組み合わせが可能であり、ゴースト技が弱点のミュウツーに刺さります。

防御面での優位性

ゴースト/ドラゴンタイプを持つオリジンフォルムはミュウツーの使う10万ボルトやかえんほうしゃはもちろんきあいだまにも耐性を持ちます。

オリジンフォルムの弱点と耐性

弱点x1.6ゴーストこおりドラゴンあくフェアリー
耐性x0.39ノーマルかくとう
x0.63どくむしほのおみずでんきくさ

ゲンガーとの比較

ギラティナ(オリジン)より攻撃力が高く、ゴーストタイプ最大の瞬間火力を誇るゲンガーですが、現在は「シャドークロー」や「したでなめる」などの強力な通常技をを覚えることができません。
また、どくタイプを持つためエスパータイプが弱点となり、ギラティナ(オリジン)と比べると防御面で圧倒的に不利となります。
ゲンガーの基本情報

ミュウツーの対策ポケモン(2019/04/03現在)

火力耐久ともに優秀なギラティナ(オリジン)が対策ポケモンとして最も優秀です。倒れるまでに与えられるダメージであるTDOも787と他のポケモンと比べ圧倒的です。

基本表示詳細表示
ポケモンわざ討伐時間必要数ゲージ技
発動回数
DPS
平均最大
1シャドークロー
シャドーボール
94932.44.823.724.7
2シャドークロー
シャドーボール
96474.21.723.526.2
3したでなめる
シャドーボール
1,00176.72.022.625.7
4サイコカッター
シャドーボール
1,05340.64.521.423.3
5ふいうち
シャドーボール
1,06781.91.921.224.4
6たたりめ
シャドーボール
1,07182.21.921.124.3
7かみつく
かみくだく
1,10441.75.620.521.6
8ドラゴンテール
シャドーボール
1,09937.34.820.521.6
9だましうち
イカサマ
1,11357.83.520.422.0
10ねんりき
シャドーボール
1,11242.93.820.221.8

ミュウツーが主役の映画が今夏放映予定

今夏(7/12)放映予定の映画の主役ポケモンは「ミュウツー」。
映画に際してポケモンGOでもレイドボスとして復刻されることが期待されています。



ギラティナ(オリジン)はゲットするべき!

火力でゲンガーに一歩及ばずとも耐久力などを鑑みればギラティナ(オリジン)は対エスパータイプにおいてトップレベルの性能を誇ります
今後復刻や初実装で登場する可能性のあるミュウツーアグノムたち多くのエスパータイプに備えて戦力を増やしておきましょう!
ギラティナ(オリジン)の対策ポケモン

コメント

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
コメントがありません。
ページトップへ
×