hydeのリトルカップ考察!環境トップポケモンを知ろう!

hyde0808
GOバトルリーグ(GBL)で開催されるリトルカップについて考察しました。活躍が期待できるポケモンやおすすめパーティもぜひご覧ください。【筆者:hyde(hyde0808)】

リトルカップの基本情報

リトルカップ では、CP500以下であり、進化可能なポケモンであり、一度も進化していないポケモンが使用可能です。
11月10日(火)6:00〜11月17日(火)6:00に開催されます。
「リトルカップ対策データ資料まとめ」もぜひご覧ください

リトルカップ で活躍できるポケモン

活躍できるポケモン5選

ドーミラーモンメンモノズソーナノパウワウ

リトルカップで強いポケモン5選、そのポケモンの強さの理由、おすすめパーティを書いていきます。

まずは、こちらの動画をご覧ください。

高耐久・高火力・タイプが優秀の三拍子揃ったドーミラー
無理やり対面を突破できるあまえる型モンメン
ドーミラーを明確に対策できるモノズ
高耐久&カウンターでゴリゴリ削るソーナノ
そしてドーミラーとソーナノを対策できるパウワウ
私は、これらのポケモンがリトルカップの環境を作っていくと予想します。

育成には非常に多くのほしのすなとポケモンの飴を使います。
ご利用は、計画的に行いましょう。

ドーミラー

第4世代 #436
ドーミラー
ドーミラードーミラー(shiny)

3km
相棒

はがね/エスパー

ブースト
最大CP603
攻撃43
防御154
HP149

弱点x1.6じめんゴーストほのおあく
耐性x0.390625どくエスパー
x0.625ノーマルひこういわはがねくさこおりドラゴンフェアリー

おすすめ通常技:ねんりき
おすすめゲージ技①:サイコショック
おすすめゲージ技②:ヘビーボンバー

リトル最強!!対策必須!!

ドーミラーの最高SCPは、驚異の757です。
このように言われても、どのくらい強いのか分かりづらいと思うので、てぃぼりさんのツイートを参考に説明します。

ドーミラーのSCP753というのは、スーパーリーグで例えるとSCP2259です。
耐久力が高いポケモンで知られるトリデプスですらSCP1934マリルリに至ってはSCP1780です。
いかにドーミラーの耐久値が高いかがわかるかと思います。

しかも、ドーミラーはタイプ一致で使える優秀な通常技ねんりきとゲージ技サイコショックを使えます。
どちらもエスパータイプの技であり、あく、エスパー、はがねタイプ以外には、等倍以上のダメージを与えることができます。
つまり、技の範囲が広いため等倍以上であれば、じめんタイプなどに弱点をつかれてもSCPの暴力で無理やり突破することができます
このため、対策を怠(おこた)ると簡単に対面を突破されてしまいます。

ドーミラーの対策方法

①あく・エスパー・はがねタイプのポケモンで、ドーミラーの技を耐性を利用して受ける。
②ドーミラー同士で引き分けを狙う。
③パウワウで対抗する

対策①あく・はがね・エスパータイプで対策

あくタイプなら、筆頭でモノズ、次点でシャドウスカンプー、アローラベトベター、と続きます。
モノズならCCTやのしかかりのブラフを気にせずに、とりあえずかみくだくを連打していれば、勝てます。
相手のサイコショックに2枚シールドを貼ってしまっても、ドーミラーにヘビーボンバーを打たれる前に倒すことができます。
○モノズvs×ドーミラー
モノズのおすすめ厳選(ドーミラーに対してりゅうのいぶきが2ダメージになる個体)

シャドウスカンプーはシールドを1枚貼れば、かみつくだけで倒すことができる。というようにシミュレーターに表示されますが、相手がドーミラーに引いてこちらがシャドウスカンプーで追う場合、少しでも反応が遅れるとシールドを2枚使わないと勝てないため、こちらもかみくだくを打たなければいけません。
通常スカンプーも結局同じ立ち回りになってしまいますが、終盤でドーミラーを倒すことを考えると、シャドウスカンプーのほうがおすすめです。
ちなみに、シミュレーションをすると、33ターンで倒すことができます。
○シャドウスカンプーvs×ドーミラー

通常スカンプーでも対策にはなりますが、倒すまでに43ターンかかるため、できるだけシャドウを使いたいところです。
○スカンプーvs×ドーミラー

アローラベトベターは、通常スカンプーと同じ内容です。
○アローラベトベターvs×ドーミラー

エスパータイプなら、ヤドンです。
ヤドンは、みず・エスパータイプなので、ドーミラーの技を全てこうかいまひとつ(約0.64倍)で受けることができます
また、みずタイプの技は、はがねタイプにもエスパータイプにも等倍なので、十分なダメージを与えることができます。
以上から、ヤドンはドーミラー対策として、成立していると言えます。
立ち回りは、CCTを決めていかなければならず、なかなかシビアな立ち回りを求められます。
まずは、みずのはどうを2回打ちましょう。2回ともシールドを貼られたら、最後はサイコショックを打って倒しましょう。
みずのはどうに1回もシールドを貼られなければ、サイコショック連打していれば勝てます。
○ヤドンvs×ドーミラー

ソーナノもシミュレーション上では善戦するので、上記のポケモンを持っていなければ、ソーナノでも十分でしょう。
×ソーナノvs○ドーミラー

はがねタイプは、エスパータイプの技をこうかいまひとつで受けることができますが、こちら側もドーミラーに対して打点がないので、結局SCPの差で負けてしまいます。
ですので、はがねタイプは採用を見送ったほうが無難です。

②ドーミラー同士で引き分けを狙う

バトル場に出たときの条件(ゲージのたまり具合、HPの残り具合など)により、勝敗が変わってきます。
また、どちらかが倒れるまでかかる時間は、ゲージ技を17回打ち、合計144ターンもかかる計算なので、単純計算170秒(ゲージ技17回×10秒)+約70秒(136ターン×0.5秒)=240秒=4分かかります。
試合時間は4分30秒に設定されているため、この対面になってしまったら、TOD(Time Over Death:3匹倒される前に試合時間が終わると①残ったポケモンの数が多い方、②残った体力が多い方が勝者になるルール。)を覚悟しましょう。
初手のミラーで、試合時間をほぼ全部使ってしまいます。
ですので、試合時間を長くしたくない方は、ドーミラーを採用しないことを勧めます。
しかし、それでは勝率が落ちてしまうのもまた事実なのでドーミラーを採用しましょう。
このように環境は回っていくと考えられます。
△ドーミラーvs△ドーミラー

③パウワウで対策

なぜパウワウで対抗できるかというと、したでなめるでダメージをたくさん与えることができ、こごえるかぜで相手の攻撃力を下げられるので、ねんりきやサイコショックのダメージをおさえることができるためです。
パウワウvsドーミラー対面は、CCTも非常に大事ですが、ねんりきのダメージを抑えるために、はやめにこごえるかぜを打ちましょう
○パウワウvs×ドーミラー

ドーミラーを交換してもらおう!

また、11月7日(土)8日(日)に行われたウィークエンドイベントで、ドーミラーをタスクからゲットすることができました。
ドーミラーをお持ちでない方は、PvPをされていない方であれば交換してくださると思うので、周りの友人に声をかけてみてください。
逆に、ドーミラーをお持ちでPvPをされない方は、PvPをしている方にドーミラーを差し上げることで、想像以上のポケモンと交換してくれるかもしれないので、声をかけてみてください。
ちなみに、SCP1位の個体値は5.15.15なので、大親友同士での交換が望ましいでしょう。(大親友同士の交換だと、最低個体値5が保証されるため。マリルリやハイパーリーグのラプラスもこれにあてはまる。)

モンメン

第5世代 #546
モンメン
モンメンモンメン(shiny)

1km
相棒

くさ/フェアリー

ブースト
最大CP700
攻撃71
防御111
HP120

弱点x1.6ひこうはがねほのおこおり
x2.56どく
耐性x0.390625ドラゴン
x0.625かくとうじめんみずでんきくさあく

おすすめ通常技:あまえる
おすすめゲージ技①:タネばくだん
おすすめゲージ技②:エナジーボール

実は、環境トップ?モンメンも対策必須!!

当初は、ドーミラーだけが環境のトップだと考えられてきました。
しかし、私はモンメンも環境トップであり、対策必須のポケモンであると考えます。
なぜなら、タイプ一致のあまえるが強すぎて、シールドを持っていればほとんどのポケモンを倒してしまい明確な対策ができるポケモンがドーミラーしかいないからです。

モンメンの対策方法

ドーミラーで対策

では、どうやってモンメンを対策すればいいかというと、この役目はやはりドーミラーしかいないでしょう。
あまえるを受けられる耐久値、タイプ一致かつ等倍で打てるエスパー技を使えるドーミラーは、モンメン対策としてかなり優秀です。
○ドーミラーvs×モンメン
もちろん、ズバットやタテトプス、ニドランなどもモンメンを倒すことができますが、いずれもドーミラーやパウワウに勝てず、扱いが難しいため採用はおすすめしません。

ちなみに、アローラサンドとコアルヒーでは、対策が不十分です。
SCP1位同士のシミュレーション上では、モンメンとアローラサンドは引き分け、モンメンはコアルヒーに勝つことができます。
△アローラサンドvs△モンメン
×コアルヒーvs○モンメン

モンメンのおすすめ厳選

おすすめ厳選は、どんなモノズにもあまえる3回で倒すことができる厳選です。
厳選をしていないとあまえるを4回打たないと倒すことができません。
もし、相手のモノズを厳選していないモンメンで追いかけるとすると、モンメンを出すタイミングを1ターンでも遅れるとのしかかりを打たれてしまいます。
ですが、厳選したモンメンであれば、3ターン遅れたとしても、のしかかりを打たれることはありません
そのため、厳選を行うことをおすすめします。
○厳選されたモンメンvs×モノズ
○厳選していないモンメンvs×モノズ

モノズ

第5世代 #633
モノズ
モノズモノズ(shiny)

5km
相棒

あく/ドラゴン

ブースト
最大CP1062
攻撃116
防御93
HP141

弱点x1.6かくとうむしこおりドラゴン
x2.56フェアリー
耐性x0.390625エスパー
x0.625ゴーストほのおみずでんきくさあく

おすすめ通常技:りゅうのいぶき
おすすめゲージ技①:のしかかり
おすすめゲージ技②:かみくだく

ドーミラーを徹底対策!!タイプ相性で有利に立ち回れ!!

モノズは、あく・ドラゴンタイプであるため、ドーミラー対策の筆頭です。
優秀な通常技りゅうのいぶきと高回転高火力ののしかかり、タイプ一致かつドーミラーの弱点をつけるかみくだくを覚えるため、弱点をつかれなければドーミラー以外にも十分な活躍が期待できます。
しかし、余裕を持ってドーミラーに勝つには、ある厳選が必要になります。

モノズのおすすめ厳選

それは、ドーミラーのSCP1位(5.15.15)へのりゅうのいぶきのダメージが2になる厳選です。
りゅうのいぶきが2ダメージになる個体一覧(3664通り/4096通り)
もしこの厳選をしていないと、ゲージ技のヘビーボンバーを余計に1発入れられてしまうので、勝敗に大きく関わってくる要素だといえます。

モノズの対策方法

モノズ対策は、筆頭でモンメン、次点でソーナノ、レディバと続きます。

モンメンで対策

モンメンは、あまえるを覚えるので厳選をすれば、どんなモノズでも3発で倒すことができます。(2969通り/4096通り)
しかし、モンメンを後出ししてモノズをすぐに倒した場合、モノズを倒すのが早すぎるゆえに、逆に相手のドーミラーなどにゲージをたくさん貯められてしまい、有利な状況を作られてしまう恐れがあります。
そのため、モンメンでモノズを追いかける際は、のしかかりを交代受けしにいったり、交代時間を稼いだり、相手の起点にならないように、あえてあまえるを打たずHPを削られるようにするなど、立ち回りに工夫が必要になってくるかもしれません。
○厳選されたモンメンvs×モノズ

ソーナノで対策

ソーナノは、トップメタのポケモンの中でSCPが2番目に高く(SCP712)、通常技の中で一番優秀な技と言っても過言ではないカウンターを覚えます。
これにより、モノズをカウンターだけで倒すことができます。
また、モンメンと違いモノズを倒した後にドーミラーやかみつく族(スカンプーやアローラベトベター)を出されても、一方的に有利な状況を作られず、何かしらのつめあとを残すことができます。
○ソーナノvs×モノズ

レディバで対策

レディバのむしくいはモノズに対して4ダメージ、モノズのりゅうのいぶきはレディバに対して3ダメージ、HPも同じくらいなので、レディバを使えばモノズを安定して突破できるでしょう。
○レディバvs×モノズ

ソーナノ

第3世代 #360
ソーナノ
ソーナノソーナノ(shiny)

3km
相棒

エスパー

ブースト
最大CP534
攻撃41
防御86
HP216

弱点x1.6むしゴーストあく
耐性x0.625かくとうエスパー

おすすめ通常技:カウンター
おすすめゲージ技①:ミラーコート
おすすめゲージ技②:なし(ミラーコートしか覚えないため)

SCPとカウンターの暴力!!笑顔でパンチ!

ソーナノは、トップメタの中でもドーミラーについで高いSCPであり、カウンター何回も打ち込むことができるので、タイプ相性が悪くてもむりやり突破してくれる場面が多くなるはずです。
出し負け要員として出してみて、相手の様子を伺ってみるのもよいでしょう。

ソーナノの対策方法

ソーナノ対策は、筆頭でレディバ、次点でパウワウ、モンメンと続くでしょう。

レディバで対策

レディバは、カウンターを2重耐性で受けることができ、逆に通常技とゲージ技でソーナノの弱点をつくことができるため、かなり余裕を持って立ち回ることができます。
○レディバvs×ソーナノ

パウワウで対策

パウワウは、したでなめるとこごえるかぜが強くソーナノの最初のミラーコートにシールドを貼ってしまえば、シールドを2枚使われたとしても、ソーナノを突破することができます。
○パウワウvs×ソーナノ

モンメンで対策

モンメンは、カウンターをこうかいまひとつで受けることができて、あまえるでダメージを与えることができるので、対面を取られないようにシールドをうまく使いながら、立ち回っていきましょう。
○モンメンvs×ソーナノ

パウワウ

第1世代 #086
パウワウ
パウワウパウワウ(shiny)

3km
相棒

みず

ブースト
最大CP971
攻撃85
防御121
HP163

弱点x1.6でんきくさ
耐性x0.625はがねほのおみずこおり

おすすめ通常技:したでなめる
おすすめゲージ技①:こごえるかぜ
おすすめゲージ技②:アクアテール

ドーミラーとソーナノを対策!!トップを倒そう!!

パウワウは、トップメタのポケモン(ドーミラー、ソーナノ、シミュレーション上ではモンメンも)に勝つことができます。
この3匹に対して有利に立ち回れる時点で、パウワウを採用する価値があると思います。
出し勝ちをすれば、相手の後続のポケモンにこごえるかぜを打って攻撃を下げてから、交代することができるので、有利な状況を作りやすいです。

パウワウの対策方法

パウワウ対策は、筆頭でモノズ、次点ではっぱカッター族(モンメン、ナエトルなど)、かみつく族(シャドウスカンプー、アローラベトベター)が挙げられます。

モノズで対策

シールドがある状態のモノズであれば、りゅうのいぶきとのしかかりの高回転高火力コンボで、突破することができます。
ただし、したでなめる15回+こごえるかぜでほぼひんしになるので、必ずシールドを持って立ち向かいたいところです。
○モノズvs×パウワウ

はっぱカッターを覚えるくさタイプで対策

はっぱカッター族は、言わずもがなです。ゴリゴリ削りましょう。
こちらもしたでなめる15回+こごえるかぜでほぼひんしになるので、必ずシールドを使いましょう。
○ナエトルvs×パウワウ

かみつくを覚えるあくタイプで対策

かみつく族は、したでなめるのダメージを抑えることができ、かみつくの与えるダメージが大きいですが、シールドを2枚使わなければ突破できないため、なるべく他のポケモンで対応したいところです。
○シャドウスカンプーvs×パウワウ

hyde直伝おすすめパーティ

リトルカップ おすすめパーティ

作成者:hyde0808

リトルカップ

パウワウモンメンドーミラー


みず


くさ / フェアリー


はがね / エスパー
SCP:609SCP:611SCP:753
したでなめる あまえる ねんりき
こごえるかぜ
アクアテール
タネばくだん
エナジーボール
サイコショック
ヘビーボンバー

このパーティは、採用率が高いと予想できるトップメタに強いパウワウで出し勝ち率を上げ出し負けても後続のモンメンとドーミラーのSCPの暴力で無理やり対面を突破することがコンセプトのパーティです。
出し勝ったら、こごえるかぜを連打して有利な状況を作り、出し負けてもこごえるかぜを打ってシールドを1枚剥がしてから、交代することが基本の立ち回りになります。
また、パーティ全体で、ソーナノに弱いポケモンがいないので、ソーナノがどこから出てきても問題がない構成になっています。

出し勝ち:ドーミラー、ソーナノ、アローラサンド、レディバ、フワンテ、ドジョッチ、その他多数
流れ出し勝ち:アローラベトベター、スカンプー
引き分け:モノズ、ウパー、
出し負け:モンメン、ナエトルなどのはっぱカッターを覚えるくさタイプ
(流れ出し勝ちとは、シールドを相手に多く使わせることができる、こちらの後続のポケモンでたくさんゲージをためることができるなど、対面では負けるが試合の流れを考慮すると出し勝ちと言える対面のことである。)

立ち回り:出し勝ち

ドーミラー、ソーナノ、レディバ、フワンテに出し勝ったら、こごえるかぜを連打しましょう。
アローラサンド、ドジョッチにはアクアテール連打しましょう。

立ち回り:流れ出し勝ち

アローラベトベターやスカンプーには、こごえるかぜを連打してシールドを2枚奪ってからモンメンに交代するか、そのまま倒されてモンメンを出すようにしましょう。

立ち回り:引き分け

モノズは、対面では出し負けですがシールドを確実にシールドを1枚奪うか、対面を取ることができます
また、こちらの後続にはモンメンがいるため、こごえるかぜを打ったあとに、すぐに出して奇襲をかけるとあまえる1発でモノズの体力を約3割削ることができます
相手がこれを回避するには、①右上のタイプを見ながら、モンメンが来ることを予測して②1.5秒以内に反応して、後続のポケモンに変えることができないとモノズがあまえるを被弾してしまいます。
詳しくは動画をご覧ください。

モノズ対面の詳しい立ち回りですが、こごえるかぜを即打ったあとに、即モンメンに交代してあまえるでダメージを与えましょう。
パウワウモノズ対面では、相手モノズのゲージ技には必ずシールドを張りましょう。
なぜなら、パウワウはモノズののしかかかりやかみくだくを1発耐えることができますが、このパーティでドーミラーを対策できるのがパウワウしかいないため、できるだけHPは残しておきたいからです。

これが基本の立ち回りになりますが、前回のひこうカップの記事をたくさんの方に読んでいただき、私の立ち回りを参考にされた方が多くいらっしゃったということをTwitterで知りました。
ご覧いただきありがとうございます。
そうなると、今回もこごえるかぜ即引きモンメンのあまえるをされる方が増えて、モノズのHPを削られないためにこごえるかぜを打ってきた後に、ノータイムでドーミラーなどのモンメン対策のポケモンを投げてくる方が増えてくると予想します。
そうなった場合、こごえるかぜの後にモンメンをすぐに投げず2~3ターン様子を見てからモンメンを投げる動きに変更していきましょう。

ウパーとの対面は、お互いの個体値次第で対面が変わります。
そのため、ウパー対面を意識するならば、できるだけSCPが高いパウワウを使うようにしましょう。

立ち回り:出し負け

モンメンやナエトルなどのはっぱカッター型のくさタイプに出し負けたら、即モンメンに交代しましょう。
モンメンに交代して、対面を取れそうならば、シールドを2枚使って対面を取り、ドーミラーとはっぱカッター族の対面を作りましょう。

最後に

リトルカップは今後も継続的に開催されるか分かりません。
シーズン5は、ほしのすなをたくさん使う期間になるかと思います。
強化や解放するためのほしのすながかかるポケモンが多数います。
無理をせず、楽しみましょう。

今回もここまで、読んでくださりありがとうございました。

リトルカップのタグ

「リトルカップ」の記事一覧

筆者「hyde0808」


GOバトルリーグ:プレシーズン,シーズン1,2,5,6,7,8,9で、最高ランク達成。
最高レート:3414

ヨマワルのコミュニティデイ
総捕獲数:3812匹
ページトップへ
×