イーブイ色違い確率調査

2018/08/16 21:39  tivoli
イーブイのコミュニティデイ色違い確率調査の結果をご報告します!(執筆:てぃぼり)

調査結果

※8/15 20:30現在

ほぼ全タップ

タップする前にPokemon GO Plus(以下ゴープラス)を押したイーブイが全くない、あるいはほとんどないと申告されたデータ。
及びゴープラス使用状況の申告がないか不十分なデータのうち、捕獲率から上記に相当すると推測されたデータ。

投稿遭遇色違い色違い率
1583360913263.95%

ほぼ全ゴープラス

イーブイのタップを全く、あるいはほとんどせず、ゴープラスにより捕獲したと申告されたデータ。

投稿遭遇捕獲捕獲率色違い色違い率
/遭遇/捕獲
72713136650.4%572.10%4.17%

全投稿データ

投稿遭遇色違い色違い率
2205000118223.64%

結論

コミュニティ・デイのイーブイ色違い率は「4%」であったと推定されます。

投稿データ

こちらのスプレッドシートをご覧ください。

※上記ウィンドウはスマホで操作しづらいことがあります。リンクから開いてご覧ください。

調査方法

告知

イベント前にTwitterにて呼びかけ、イベント期間中のイーブイの「遭遇数、色違い数、ゴープラスの使用状況」について、Twitterでのリプライ・DMにて回答を募りました。

さらに発起人てぃぼりの周辺からも回答を得ました。

回答条件

以下の3枚のスクリーンショットを証拠として求めました。
①イベント開始前のイーブイ図鑑ページのスクリーンショット
②イベント終了後のイーブイ図鑑ページのスクリーンショット
③ポケモンボックスの色違いイーブイが全て写ったスクリーンショット

集計範囲

・上記リンクのツイートを主として、てぃぼりのTwitterアカウントへのリプライすべて
・てぃぼりTwitterアカウントへのDM
・てぃぼりのTwitter外の友人(チーム検証)

上記範囲のイベント前後の図鑑スクリーンショットがある全ての情報を収集し、その中で意図的に弾いたデータはありません

図鑑スクリーンショットを伴わない情報もわずかに寄せられましたが、遭遇数の正確な計測はできていないとみられたため除外しています。

集計方法(遭遇、捕獲、色違い)

告知では遭遇数と色違い数の申告を求めましたが、イベント前後のスクリーンショットから「見つけた数」と「捕まえた数」を読み取って集計しています。

色違いイーブイのスクリーンショットについては、ない場合も正確な申告がされているものとみなし集計しています。

集計方法(ゴープラス使用状況)

ゴープラス使用状況の申告があり、遭遇数のうち「タップして色違いかどうか確認する前にゴープラスを押したイーブイ」がどれくらいかをおおまかに推測できたものについては、その割合を入力しています。

申告がないか、申告が不十分で割合の推定ができないものは「-」を入力しています。
ただし、全体の捕獲率が概ね95%以上の場合はゴープラスの影響は少ないと判断し、「"5%"」と入力しています。

ほぼ全タップデータ詳細

結果

投稿遭遇色違い色違い率
1583360913263.95%

ゴープラスの判定

使用状況の申告を信用していますが、自由記述による申告であり、言い方は様々です。

例えば、簡潔に「手動です」と書かれたデータも、ゴープラスの使用が0%としています。

しかしゴープラスのポケモン捕獲が完全にオフだったのかはどうかまでは判然としないものが多いです。

もしゴープラスの接続があって何らかの形でポケモンの捕獲のために使用していたとしたら、イーブイへの影響を完全に排除することはできないと考えられます。

一見周囲に未タップのイーブイがいないように見えても、表示されていないイーブイに反応していることがあるからです。

実際に筆者は、未タップのイーブイがいないときのみゴープラスを押して、押すたびに冒険ノートで何に反応したか確認していましたが、およそ1時間に1回のペースで画面に表示されていないイーブイに反応していました。
(押した直後にイーブイが表示され、すぐにタップして色違いだったのに、ゴープラスがそれに反応していて逃がしてしまったこともありました…泣)

それらのことから、申告又は捕獲率の高さからゴープラスの未タップイーブイへの反応が5%以内であろうとみられるデータを一律に「ほぼ全タップデータ」として集計しています。

考察

このグループは、遭遇数に対する色違い数の割合としては最も信頼度が高く、実際の確率に近い統計がとれていると考えられます。

ただし、上記のようにゴープラスの影響もわずかに含まれるため、その分だけわずかに低く偏る可能性が高いデータです。

結果は3.95%であり、求める確率が4%であることをよく示していると言えます。

また、全体の投稿のうち72%がこれにあたり、7割以上のプレイヤーがほとんど全てのイーブイをタップして確認していたことがわかります。

ほぼ全ゴープラスデータ詳細

結果

投稿遭遇捕獲捕獲率色違い色違い率
/遭遇/捕獲
72713136650.4%572.10%4.17%

ゴープラスの判定

完全にゴープラスのみ("完全自動"など)と申告されたデータに加え、ほとんどゴープラスのみと申告されたデータのうち未タップゴープラス割合が概ね90%以上とみられるデータを集計しています。

考察

ゴープラスによる捕獲率は操作できず、もっとも恣意性の少ないデータと言えます。

コミュニティデイ中の通常色のイーブイと色違いイーブイの捕獲率が同じならば、完全タップの遭遇数に対する色違い率(逃げられたものも含む)と、完全ゴープラスの捕獲数に対する色違い率は、理論上一致します。

今回のデータは"ほぼゴープラス"のデータで、手動による影響がわずかにあるので、理論値よりやや高い確率となっていると考えられます。

全体がほぼ50%の捕獲率であり、遭遇数に対する色違い率が2%強、捕獲数に対する色違い率が4%強となっています。

ほぼ全タップのデータと合わせ、色違い率は4%であり、通常色と色違いの捕獲率は同じであろうと推定できます。

基礎捕獲率の推定

ほぼ全ゴープラスのデータからは、コミュニティデイのイーブイの基礎捕獲率も推定できます。
※コミュニティデイの対象ポケモンは期間中のみ普段より高い特別な基礎捕獲率となります。

野生ポケモンはポケモンの種類ごとに基礎捕獲率という値が決まっていて、それとポケモンレベル、捕獲方法などのプレイヤー側の要素によって捕獲率が決まります。

基礎捕獲率一覧はコチラです。
(最新の情報になっており、昔と変わっているので一度見てみることをオススメします)

ゴープラスによる捕獲では、プレイヤー側の要素が一律で、ゴープラス専用の計算方法となります。

野生でポケモンレベルが均一に出現し、トレーナーレベル30以上として、基礎捕獲率ごとのゴープラス平均捕獲率を計算すると次のようになります。

基礎
捕獲率
ゴープラス平均捕獲率
ブーストなし
(PL1~30)
ブーストあり
(PL6~35)
90%
(ジーランス)
85%78%
70%
(コイキングなど)
72%63%
60%
(ナゾノクサ)
64%54%
50%
(ポッポなど)
56%45%
40%
(イーブイなど)
46%36%
39%
(パラス)
45%35%
30%
(ロコンなど)
36%27%
25%
(ピジョンなど)
31%23%
20%
(フシギダネなど)
25%18%
19%
(ラッキー)
24%17%
15%
(オオタチなど)
19%14%
12.5%
(ピジョットなど)
16%11%
10%
(フシギソウなど)
13%9%
5%
(フシギバナなど)
6%5%
4%
(ポリゴン)
5%4%


コミュニティデイのイーブイのゴープラス捕獲率は、ブーストありとブーストなしが混在して約50%であったので、基礎捕獲率は50%であったとみられます。

普段のイーブイの基礎捕獲率は40%なので、コミュニティ・デイでは普段より高くなっていたことがわかります。

タップとゴープラスの優劣

ゴープラスは約2倍の遭遇数が必要

ターゲットの基礎捕獲率が50%で、タップで色違いを100%捕獲できるとするとします。

このとき完全ゴープラスの色違い捕獲数の期待値が完全タップを上回るには、遭遇数がブーストなしで1.8倍、ブーストありで2.2倍必要です。

キャンセル投法なら全タップが有利

通常の捕獲が、タップしてからフィールド画面に戻るまでが1発で捕まっても20秒程度、ボールを変えて木の実を投げれば30秒程度はかかるのに対し、ゴープラスは捕獲できたときで10秒程度です。

これならば環境によっては完全ゴープラスが勝ることもあるでしょう。

しかし、「モーションキャンセル」や「ファーストキャッチ」などと呼ばれる、捕獲アニメーション以降をカットする技があり、それならば1発で捕まった場合タップしてから10秒未満で捕獲を完了できるので、少なくともゴープラスの半分を大きく上回る遭遇数を稼げます。

今では上級者の多くがこの投法で投げています。

知らない方は、コチラの解説ページをご覧下さい。

JASHさんの解説動画も紹介しておきます。(JASHさんの許可を頂いています!)


なお、これを片手でやる方法もあります。

右利きなら、投げる手の人差し指で木の実ボタンをつかみ、それを離さないまま中指でボールを投げ、投げ終わった直後に木の実ボタンを離します。

木の実ボタンをつかんだ人差し指は画面から離しさえしなければいいので、ボールを投げる中指といっしょに画面をくるくるなぞって大丈夫です。
人差し指を木の実ボタンの位置に固定したまま中指で投げるのでは難しいです。

もうひとつのコツは、ボールを触るより前に木の実ボタンをつかみ、ボールを投げ終わるまで離さないことです。

両手を使うよりやや難しいですが、慣れればこちらの方が片手でできて楽なので、筆者はこれでやっています。

あとがき

今回はかなり分析しがいのある内容でした!

最初はゴープラスの影響を無視して集計しようかとも思ったのですが、ここを突き詰めると色々なことがわかるので、思い切って挑戦しました。

データの処理のしかたと考察と合わせて、寄せられたデータからできるだけのことを引き出したつもりです。

ゴープラスの平均捕獲率一覧というのも今までありそうでなかった情報だと思うので、これだけでも面白いんじゃないでしょうか。

データを寄せてくれた方は、スプレッドシートで自分の遭遇数・捕獲数・捕獲率などが他と比べてどれくらいなのかをぜひ見てもらえればと思います。
(Excelにコピペすれば並び替えなど自由に編集できます)

今後も何かの調査の際にはぜひご協力頂ければと思います。
今回データをお寄せ頂いた方々、ありがとうございました!

てぃぼり

てぃぼりのタグ

「てぃぼり」の記事一覧

コミュニティ・デイのタグ

関連記事がありません。

コメント

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。

ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
コメントがありません。
ページトップへ