補助スキル・闘志注入|力の守りと緊急時HP回復の特性と活用方法とは…

O-Jittchi 9件
ドラクエウォークの新武器「まじんのオノ・ゾンビキラー(歴戦の戦士装備)」に実装された補助スキル「闘志注入」についてまとめています。力の守りと緊急時HP回復の仕様とゲーム内の挙動、効果的な活用例などを掲載していますので参考にしてみてください。
イベント攻略記事こころ武器/配布

ドラクエ3コラボ(ReWALK)の総まとめ

闘志注入とは…

戦闘中に1回だけ使用可能な補助スキルで 力の守り ②緊急時HP回復 2つの効果があります。

力の守り


① HP1で生き残る
致死ダメージ時にHP1で生き残る

② 不利な効果を防ぐ
悪い状態変化とすべての状態異常を防ぐ
有効ターン:4ターン(闘志注入で付与した場合)
①②どちらかの効果を1回発動すると終了する
①毒・猛毒・感電・トラップ等の行動開始時に受けるダメージは対象外
②悪い状態変化・状態異常を付与された判定時に発動

緊急時HP回復

習得武器残りHP
(発動条件)
HP回復量

まじんのオノ
ゾンビキラー
闘志注入
(戦闘中1回限り)
(全体)30%
50%
【参考】

ドランゴの闘斧
闘竜の本能
(戦闘中1回限り)
(単体)20%
100%
アイコンは両スキルで共通、効果は上表のように異なる
攻撃でダメージを受けた時残りHP条件を満たすと発動

闘竜の本能の解説はこちら

歴戦の戦士装備関連リンク

ゾンビキラー まじんのオノ 関連記事

ガチャ評価

スキル解説・仕様

武器比較一覧

レベリング武器

ヒャド物理比較

無属性900%比較

闘志注入

高難度での活用例

実際のゲーム挙動を確認してみた

一部武器スキルのみ抜粋掲載しています

【検証1】
条件を満たせば①まもたて②生き残りを同時発動

1回の行動ダメージと状態異常/変化を同時に受けた場合、①②両方の効果が発動します。

(例)ほこら・マーマンの場合
ビッグウェーブ対象:全体に物理攻撃
属性:ヒャド属性
ダメ:約800
補足:確率で攻撃力1段階ダウン
補足:確率で呪文威力1段階ダウン
補足:確率ですばやさ2段階ダウン
補足:確率で転び

両方の効果が同時発動した例
①各種状態異常/悪い状態変化を防ぐ ②被ダメによるHP1生き残り

【検証2(1)
ぎんがのつるぎ(1回限定生き残り)より優先発動

HP1で生き残る効果が複数適用されている場合、新しく付与された順に発動していきます。
(いきなりスキルよりも後に適用された力の守りが発動する)

世界樹の女神の加護
① HP1で生き残る致死ダメージ時にHP1で生き残る
② 不利な効果を防ぐ悪い状態変化とすべての状態異常を防ぐ
有効ターン:最大5ターン
①の効果を発動した時点で終了する
①毒・猛毒・感電・トラップ等の行動開始時に受けるダメージは対象外
まもりのたてアイコン各スキルとは別扱いで重ね掛け可能

敵の攻撃後に左から3番目のキャラの力の守りアイコンが消えています。

【追加考察】
世界樹の女神の加護と効果がほぼ同じ

力の守り世界樹の女神の加護には両方とも①不利な効果ガード(回数制限は違う)②HP1生き残りがあります。
いきなりスキルが終わるタイミングで闘志注入すると、攻撃役を継続して守ることができます。
まもりのたてを更新する場合も、いきなりスキルが切れるタイミングが最適です。
補助効果の有効ターンの解説はこちら

【検証2(2)
世界樹の氷杖(1回限定生き残り)より優先発動

考え方は上記ぎんがのつるぎの例と同じです。

不滅の誓約

HP1で生き残る
致死ダメージ時にHP1で生き残る
有効ターン:最大5ターン
致死ダメージ時にへ移行する

▲ 敵の攻撃後に左から3番目のキャラの力の守りアイコンが消える
不滅の誓約アイコンは次の段階に移行しない

【検証3】
世界樹の氷杖(1回限定生き残り)との併用は不可

力の守りには即死を防ぐ効果がないため、2回目の行動開始時に即死します。

不滅の誓約



HP1で生き残る
致死ダメージ時にHP1で生き残る

HP全快回復で生存
2回目の行動開始時までHPが0にならない
2回目の行動開始時にHP99%以下で即死
有効ターン:最大5ターン
致死ダメージ時にへ移行する

2回目の行動開始時即死はダメージを受けないその他の効果なので、まもりのたてや致死ダメ耐久では回避できません。

【検証4】
このような場合は力の守りを消費しない

敵からの悪い状態変化・異常を受けても、条件次第では力の守りを消費せずに効果継続することができます。

ルカナン確率で守備力1段階ダウン)を受けた場合
(守備力ダウン成功時のみ、力の守りが消費される)
発動中-反射確率でミス
失敗判定とみなす-失敗判定とみなす成功判定のみ消費

力の守り発動優先順位は最も低く、他の効果や確率で防いだ場合は回数を消費しません。

効果的な活用方法

HP1生き残りを優先するならまもたて併用で


敵からの弱化効果で意図せず力の守りが消えてしまうのを防ぐため、まもりのたてを併用しておくと、致死ダメ時生き残り効果だけに適用される状態になります。(引用:検証4)

実質リザオラルとして考えることも…


まもりのたてと併用することで、致死ダメ回避効果だけを活用できます。
HPが1になっても各種補助効果は引き続き適用済みなので、リザオラルの強化版と捉えることもできます。
また、緊急時HP回復も同時発動することでリザオラルよりも多くのHPを確保できます。
(即死を防ぐ効果はないため、この点はリザオラルに劣る)

4人アタッカーでゴリ押しする時の保険として…


短期決戦を仕掛ける場合の保険として実用的です。
また、歴戦の戦士装備武器(まじんのオノ・ゾンビキラー)には敵への弱化効果()もあるので相乗効果を発揮しやすいです。
編集中

まもりのたてを4人同時に適用したい


4キャラ4行動分のまもりのたてを1キャラ1行動で済ませたい場合に有効です。
敵に倒された味方の蘇生などパーティの立て直し中で、余計な手数を減らしたい時に便利。

ドラクエ3コラボのタグ

「ドラクエ3コラボ」の記事一覧

コメント (9件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.9 @47shinax 16日前
    0
    0
    ゾーマ戦で活躍の機会が来るかな
  • No.7 ITNJBZA 6月13日
    35
    2
    どこかで見たけどゾンビキラーならテリーが持てるから
    開幕テリーと補助役交代して闘志使って引っ込める使い方が強そう
    円月輪やタンバリンの補助役は1ターン目結構暇だし
    返信数 (1)
    • No.8 @dmm49 6月17日
      8
      1
      この武器についていろいろ記事が乱立して分かりにくかったけど、結局このコメントが一番参考になりました!!ありがとうございます!!
    返信する
  • No.6 @47shinax 6月13日
    1
    4
    今回のラーミアのバリアが今後増えると考えると、有効なのかな。
    たまに半端に削ってバリアの反射くらって死ぬときあるから・・
  • No.5 QQdkhCE 6月13日
    4
    6
    メガモン、ギガモンでは如何に守りを捨てて攻撃に振るかの
    さじ加減が重要なので祠や高難易度では役立つものの物欲メーターが
    あまり動かないですね。
    しかし無料分で当たっていたら、手の平を返したコメントをしたかもしれません。
  • No.3 MyJBYyQ 6月13日
    2
    7
    生存・回復が強力な分、別々のスキルに分けて欲しかった感が強いですね…
    まもりのたてと併用が強いんでしょうけれど、ならわざわざかけて使うかと言うと難しいところ。
    いきなりの効果でまもりのたてを発動する武器と合わせるか、強力な技の前兆時にかけるのが正解なのかな?
    それ狙って「状態異常・変化行動→強力な攻撃」とかしかけてきそうだけど…
  • No.1 M2E2d4g 6月13日
    7
    19
    全体リザオラルとか確定攻撃ダウンとか、むしろ強力すぎてメガモン相手には出番がない
    高火力武器で殴った方が早いんだから
    高難度向けですね
    返信数 (2)
    • No.2 MhUoZTE 6月13日
      12
      6
      それはライトプレイヤーを無視した発言では
    • No.4 M2E2d4g 6月13日
      7
      5
      あとは高火力武器よりも討伐時間短縮につながりにくい性能だから対策もされにくいんじゃないかと期待してる
      もちろん個人的に思ってるだけですが
    返信する
攻略
Menu
ページトップへ

トーク マイページ ユーザー設定 ログアウト