やまびこのさとり・魔響の詠唱の倍率を検証|高位賢者

O-Jittchi 28件
ドラクエウォークの高位賢者「やまびこのさとり」使用時の回復とくぎやまびこ発動率、「魔響の詠唱」の威力上昇倍率とやまびこ発動率の検証結果をまとめています。通常のやまびことの変更点やダメージUPの効果も掲載していますので、参考にしてください。
ダーマ神殿

激怒・戦鬼解放

やまびこのさとり
魔響の詠唱
-
フォースバースト

騎士道精神

大海の浪漫
--

ダーマの試練の効率的な進め方

※本ページについて

本ページは、あくまで高位賢者の「魔響の詠唱」「やまびこのさとり」に着目し、情報を掲載してます。その他の賢者の情報は割愛させていただきます。

※ミスを発見次第、訂正

みんドラの中である程度確信が持てるので公開していますが、あくまでみんドラ独自で調べているので、ミスがあるかもしれません。その際はすぐに修正します。

更新履歴

  • 7/12 7:33 消費MP・効果に関する表記を修正
  • 7/9 14:18 一部誤字表記を修正

高位賢者の特徴・倍率まとめ

高位賢者のスキル・倍率

  


賢者
(高位)
PTスキル
・全員のじゅもん耐性+2%
やまびこのさとり
・回復とくぎもやまびこの対象になる ← 新しく追加
・やまびこ発動確率は回復呪文と同様
・補助効果の発動確率はやまびこ時も同様
(癒しのフェアリーステップの休み耐性付与など)
魔響の詠唱(レベル50)
・消費MPは使用者の最大MPの1/5
・攻撃呪文の威力が少し上がる(+10%)
・やまびこの発動率が上がる(1.6倍)
・攻撃呪文の消費MPが増える(1.5倍)
攻撃呪文以外は対象外
・5ターン継続(使用ターンを含む)
・発動後、即攻撃できる(戦鬼解放と同じ)
・戦鬼解放と異なり使用ターン以外はコマンド選択可

今回の高位賢者「やまびこのさとり」と「魔響の詠唱」の検証結果のまとめがこちらです。

やまびこのさとり

今回の高位賢者で最も重要な強化ポイントです。
今までの回復武器では聖風のつえベホマラーだけしか使えず、圧倒的なHP回復量に貢献していた「やまびこ」が他の回復スキルでも使用可能になりました。
やまびこの発動率は今まで(呪文)と同じですが、他の回復とくぎのHP回復量が強化されたことで、回復武器を選択する候補が大幅に増えました。

回復とくぎのやまびこ発動率について

ダンシングロッド、ハンマースピア、聖女のこん、ドラゴンロッドの回復武器を使用して、発動回数を検証してみました。

回復とくぎのやまびこ発動率の検証データ
回復武器試行
回数
発動
回数
発動率
癒しのフェアリーステップ37410.8%
ベホイミショットガン611321.3%
聖女の恵み改25312.0%
いやしのかぜ改3139.7%
合計1542314.9%

ダンシングロッド癒しのフェアリーステップによる休み耐性付与などは、やまびこの発動時にもバフ付与する場合がありますので、純粋なHP回復量以外でもバトル相手に合わせたパーティ編成ができます。

他にもハンマースピアによるHP追加回復や、トワイライトブルームダメージ軽減バフなども活用機会が増えました。
やまびこのさとり実装で、回復武器間のHP回復量の差が大きく縮まりました。過去の回復武器に再度スポットライトが当たるかもしれません。

魔響の詠唱の検証

上記は検証の際の切り抜きです。
11章2話のダークペルシャを相手に魔響の詠唱使用前後でダメージがどれだけ変化したかを調べました。
また、同時にやまびこの発動率もそれぞれ使用前後で調査しています。

検証のサンプル(まとめ)

イオラ最小
ダメージ
最大
ダメージ
試行回数やまびこ
回数
魔響の詠唱
使用前
18520615636
魔響の詠唱
使用後
20322715055
※11章2話「ダークペルシャ」3体(けもの系)
※使用スキル:イオラ
※こうげき魔力444
※呪文ダメージ+5%
※イオ属性ダメージ+1%
※けもの系へのダメージ+3%

検証結果があっているかの確認


検証を行うにあたり、Googleスプレットシートも使用しています(画像は拡大可)。この画像から2つの事が分かります

  • ①同一ステータスの賢者でもダメージ量が異なる
  • ②やまびこ発動率が上昇している

呪文のダメージ計算式については、以下のリンクを参照してください。


【詳細】
呪文/ブレスの攻撃魔力上限と基礎威力まとめ

魔響の詠唱の効果

習得レベル50
消費MP最大MPの1/5
効果攻撃呪文ダメージ1.1倍
やまびこ発動率1.6倍
攻撃呪文の消費MPが1.5倍に増加
継続5ターン(使用時を含む)
行動即攻撃できる(戦鬼解放と同じ)
2ターン目以降はコマンド選択可

魔響の詠唱は使用者に上記の効果を付与するだけでなく、バトマスの戦鬼解放と同じく使用したらすぐに動くタイプのスキル。
(使用ターンのみ、作戦に応じた行動を自動で選択します)
バトマスと違うのは2ターン目以降は自由に動けること。戦況に応じた変化に対応できる点が強みです。

使用直後の行動は作戦に応じて異なります
※オートでは使用できない

どのくらいダメージ量が増える?

通常時魔響の詠唱使用時

やまびこがない時だとダメージ量は1.1倍です。
バトマスの戦鬼解放ほど多くは増えません
ただし、やまびこが発動しやすくなるのがメリット。
期待値換算で1行動あたりの呪文威力が「通常時と比べて約1.17倍」になります。
それほど大きく火力がアップするわけではありませんが、「火力を上げつつも行動が自由」である点がバトマスとの違いになっています。

期待値の算出について

※やまびこ発動時の威力を0.5倍で計算
※やまびこ発動確率は今回の検証データより23%
※魔響の詠唱時の呪文威力は1.1倍
※魔響の詠唱時のやまびこ発動確率は今回の検証データより37%
※暴走発動については考慮せず(魔響の詠唱による影響がないため)
※上記条件にて100回使用した場合の期待値換算威力です。

パーティスキル

PTスキル全員のじゅもん耐性+2%

賢者1人編成で、自動的に発動する効果です。一度ダーマ神殿をクリアすれば永続的に効果があります。新しくレベル1から賢者を育成しても発動。

重複はできないです。
賢者2人編成して「耐性+4%」にはなりません。

ダーマの試練の概要

追加日2021/7/8(木)15:00~(常設)

ダーマの試練/神殿は、各上級職が「高位」にランクアップするシステムです。試練を4つ受けてパーティスキルや、固有特性の変化、特別なスキルを習得できます。細かいことは以下で👇
ダーマの試練について

ダーマの試練のタグ

「ダーマの試練」の記事一覧

コメント (28件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.28 JplTKEI 17日前
    0
    0
    魔響の詠唱が さとりのひかり にどう作用するか知りたい者です。

    公式の説明では、攻撃呪文用のスキルと書かれているように見えましたが、よく読んでみると、やまびこ発動率と消費MP増加のみに対して書かれているので、逆に言うと、呪文威力UPはさとりのひかりにも適用されているのではないかと考えました。

    実際見てみましたが、
    消費MP増加は、さとりのひかりには発生していなかった
    呪文威力UPは、さとりのひかりの攻撃部分について発動しているっぽかった(使用前後で平均1920dm→2090dm 試行回数が少ないので誤差かも)
  • No.26 c5QTcCA 22日前
    2
    0
    >※使用直後の行動は作戦に応じて異なります
    いのちだいじにで魔法攻撃したので問い合わせたところ
    使用直後は「ガンガンいこうぜ」の行動をすると
    ゲーム内の説明文がサイレント修正されてました
  • No.24 @AKITYAN 7月19日
    0
    1
    天使の歌声もやまびこしますか?
    返信数 (1) 24日前
    • No.25 @AKITYAN 24日前
      1
      0
      やまびこしました
    返信する
  • No.23 S4/@bareisho 7月18日
    0
    1
    結局、魔力かくせいの方が強い?
    返信数 (1) 17日前
    • No.27 JplTKEI 17日前
      1
      0
      両方使う
    返信する
  • No.22 NxFWdAc 7月16日
    3
    1
    魔響の詠唱したあとの増加MPが結構エグい。イオナズン改が47→70になるからボーンナイト千里ですぐMP切れを起こしてしまう。
  • No.19 IEGSBQM 7月11日
    2
    2
    魔響の詠唱した後、ドラゴラム打って暴走したら、通常のダメージより少なかったんだけど?
    返信数 (1)
    • No.20 ぐで/JjEjIHg 7月14日
      2
      0
      ドラゴラムの暴走ってじゅもんの暴走か追撃の暴走どちらかの暴走になるみたいです。
      ドラゴラムが暴走してメタル系に10のときと3桁ダメが入るときがあるのでおそらくどちらかにしかはいらないようです。
    返信する
  • No.14 ITlmYyY 7月10日
    16
    3
    神楽鈴の闘魂がやまびこによって溜まった。
    さすがにベホマラーやさとりのしょとまではいかないがかなり使える回復武器になったなー
    返信数 (1)
    • No.18 U4YGNVA 7月11日
      12
      1
      逆にやまびこでとうこんを消費してしまうケースもあるということですね。うーむ。
    返信する
  • No.16 aCcSQ4A 7月11日
    2
    4
    魔響の詠唱のさとりの発動率アップは、回復呪文にも適応されるんですか?

    ➀消費MP増加 攻撃呪文…増加あり 回復スキル…増加なし
     やまびこ発動率 攻撃呪文…アップ 回復スキル…アップ

    ②消費MP増加 攻撃呪文…増加あり 回復スキル…増加なし
     やまびこ発動率 攻撃呪文…アップ 回復スキル…変化なし

    のどちらなのでしょうか?
    【攻撃呪文以外は対象外】って言うのがどこの部分をさしているのかがわかりづらくて・・・
    返信数 (2)
    • No.17 @FJSNIU 7月11日
      6
      0
      お知らせに明記があります。
      攻撃呪文のみが対象です。つまり②。
    • No.21 FUBDeTM 7月14日
      1
      0
      見落としてました。
      ありがとうございます。
    返信する
  • No.15 MgNJNAU 7月11日
    3
    1
    検証データを見ると、平均15%くらいということになってるけど、ベホイミショットガンが20%で、他が10%のように見えるけどどうなんだろうか。
    回復特技のみ対象で発動率10%だけど、ベホイミショットガンは付加効果も回復だから2重で判定されてる(その場合発動率は19%)という仮説も考えられる。
    他サイトで、やまびこ発動率が攻撃呪文で約25%、サポート呪文と回復呪文が約15%という検証結果もあるので、回復特技が必ずしも回復呪文と同じ15%とは限らないと思うんですよね。
  • No.4 c5QTcCA 7月9日
    9
    1
    魔響の詠唱の本体はやまびこアップだから攻撃アップはおまけな印象
    ただ、スキル使用後、作戦に応じた行動するって書いてあるけど
    いのちだいじにに設定してるのにHP黄色がいるのに
    攻撃魔法使用したのはバグなのか仕様なのか
    返信数 (3)
    • No.6 NmGGMIM 7月9日
      10
      0
      魔響の詠唱の選択したターンは必ず攻撃呪文を撃つようです。
      回復するならオートのままか回復呪文を選択する必要があります。
    • No.7 @FJSNIU 7月9日
      8
      0
      お知らせでは魔響の使用ターンは「さくせんに応じた行動をする」と書いてありましたが、必ず攻撃呪文を使用するんですね。後で修正されるかもしれませんが、わかりませんね。
      もっとも魔響の詠唱の効果対象は攻撃呪文のみなので、いのちだいじにの回復賢者が魔響を使用することはなさそうです(さとりのしょを除く)。
    • No.13 OFQWOQM 7月10日
      1
      4
      不具合だと信じたい。
    返信する
  • No.12 E4MGYEU 7月10日
    10
    1
    消費MPが最大MPの1/4となっていますが、1/5なので訂正お願いします。
  • No.11 gxc2NlA 7月10日
    13
    8
    立ってるだけでマジックバリアが実装されたと思ったら、2%とはずいぶん渋いな。
    今回のメガモン戦で海賊が外せるくらいの性能が欲しかった。
  • No.10 FTkZZTI 7月10日
    3
    25
    光のタクトにも人権が来たか〜笑笑
  • No.2 QQdkhCE 7月9日
    65
    2
    即行動できてこの性能なら素晴らしいですね。
    フォースバーストも即行動できるようになればいいのに。
    返信数 (2)
    • No.8 JUKSeAA 7月9日
      23
      4
      フォースバーストが即行動だと逆に強すぎるかも
      確定でフォースブレイクできる上に威力も高いし
    • No.9 KXhjhoA 7月9日
      19
      8
      もうそれぐらいしないとバトマスに追いつけないね
    返信する
  • No.5 QiE5BZI 7月9日
    3
    1
    呪文の暴走率が高ければ大化けの可能性も
    魔力かくせいとの併用も面白そうね
ページトップへ
×