HP回復スキルの回復魔力上限と基礎回復量まとめ

49件
ドラクエウォークのHP回復スキルの回復魔力上限と最大回復量をまとめています。回復量の計算式などもまとめていますので参考にしてください。
基礎知識検証系

弱点耐性の仕様

回復上限/基礎値

守備力計算

呪文計算式

1200上限調査①
-

回帰のいやしの検証結果NEW

ストロスの杖」の「回帰のいやし」を検証しました。ダンシングロッド「いやしのフェアリーステップ」と全く同じです。

回魔上限と基礎値

1回復魔力上限は900
2回復魔力650で基礎回復量125
3回復魔力900で基礎回復量150

調査内容

回復魔力回復量UP回復量基礎回復量
スキル特技/呪文最低最大
953+49%0%210236150
900+49%0%210236150
850+49%0%204226145
2000%0%788682

▲実際は、Googleスプレットシートを用いて検証しております。上記は結果のみ。

エルフの慈愛改の検証結果

エルフの慈愛改

ロザリーのつえ」錬成後の「エルフの慈愛改」を検証しました。結果的に大した変化ではありませんが、とくぎ回復+20%のおかげで650組と同じくらいの回復は見込めます。

回魔上限と基礎値

1回復魔力上限は500で変化なし
2基礎回復量は90→100で微増

調査内容

回復魔力回復量UP回復量基礎回復量
スキル特技/呪文最低最大
799+69%+20%190214100
603+69%+20%190214100
539+52%+20%171193100
421+42%+10%14115595

▲実際は、Googleスプレットシートを用いて検証しております。上記は結果のみ。

いやしのフェアリーステップの検証結果

いやしのフェアリーステップ

新武器「ダンシングロッド」で実装されたHP全体回復スキル「いやしのフェアリーステップ」は、回復魔力650時点では他の回復スキルより少し低めの回復量ですが、回復魔力が900まで回復量が上昇し、最大基礎回復量は150となります。

1回復魔力上限は900で基礎回復量150
2回復魔力650で基礎回復量125となり、今までの全体回復スキルの回復量より少し低め

調査内容

回復魔力回復量UP回復量基礎回復量
スキル特技/呪文最低最大
913+47%+2%221238150
903+47%+2%211238150
900+45%+2%208235150
850+35%+2%188210145
650+27%+2%152170125
131+0%+0%728076

ベホマラーの検証結果

ベホマラー

聖風のつえで実装された「ベホマラー」の基礎回復量と最大回復魔力について調査しました。

ベホマラー調査結果まとめ

1回復魔力850を超えても回復量が上昇し回復魔力の上限不明
2回復魔力650で基礎回復量131となり、今までの全体回復スキルの回復量と同程度
3回復魔力850で基礎回復量148となり、現状一番回復量の高い全体回復スキル

調査内容

回復魔力回復量UP回復量基礎回復量
スキル特技/呪文最低最大
900+47%+4%220247153
854+37%+0%193215149
850+37%+0%191213148
824+37%+0%189210146
800+37%+0%187206-
722+37%+0%176197-
650+37%+0%169189131
97+0%+0%788682
94+0%+0%788682

※800,722は回復魔力上限を探すために数回のみ試行

回復魔力上限と基礎回復量まとめ

回魔上限・基礎値一覧

【全体回復】需要の高いスキルのみ掲載。

スキルMP種別回魔上限基礎値

ベホマラー
47呪文1200
※推定値※
180(回魔1200)
153(回魔900)
131(回魔650)

回帰のいやし
46特技900150(回魔900)
125(回魔650)

いやしのフェアリー
46特技

ベホイミショットガン
42特技650130

トワイライトヒール
40特技

聖女の恵み
38特技

いやしの波動
36特技

ハッスルダンス
30特技60085

エルフの慈愛(改)
33特技500100

エルフの慈愛
30特技90

いやしのかぜ
26特技84

※推定値について補足

現状、厳密な上限は求められないので、『1200』という数値は、以下の条件を前提とした場合に測定値が成り立つ推定値を掲載してます。

・最低回復魔力が15である
・回復魔力上限が50刻みで2000以下である

1200までは到達できないので、ベホマラーの回復魔力の上限を気にする必要はないです。

回復系スキルの基礎知識

(使用例)スキルHP効果+60%→基礎値130×1.6=平均208
スキルHP回復効果:特技呪文の両方
とくぎHP回復効果:特技のみ
じゅもんHP回復効果:呪文のみ

HP回復スキルごとの「種類、回復魔力上限、基礎回復量」を表にまとめています。「いやしの果汁」など、ほぼ使わないスキルは掲載していません。

全体回復

スキル種類回復魔力上限基礎回復量
ベホマラー呪文1200
※推定値
180 (回復魔力1200)
153 (回復魔力900)
131 (回復魔力650)
回帰のいやし特技900150 (回復魔力900)
125 (回復魔力650)
いやしのフェアリーステップ特技
ベホイミショットガン特技650130
トワイライトヒール特技
聖女の恵み特技
いやしの波動特技
ハッスルダンス特技60085
エルフの慈愛改特技500100
エルフの慈愛特技90
いやしの風特技84

ベホマラーの回復魔力上限について

ベホマラーの回復魔力の上限は現状測定ができないため、以下の条件を前提にした場合に測定値が成り立つ推定値を記載しています。
・最低回復魔力が15である
・回復魔力上限が50刻みで2000以下である

測定値と理論値計算の結果、推定値は以下の1つに絞り込まれます。
・最小回復魔力:15
・最小基礎回復量:75
・最大回復魔力:1200
・最大基礎回復量:180

単体回復

スキル種類回復魔力上限基礎回復量
ベホイミ呪文800350
ホイミ呪文180
パンプキンエール特技

※基礎回復量は各種HP回復量UP効果を考慮する前の値

全体回復スキルの比較(回復魔力上限650以上)New

  • ベホマラーは他の回復スキルよりも基礎回復力が常に高い
  • いやしのフェアリーは、ベホマラーの次に基礎回復量が高いが、回復魔力600~700の間では650上限の回復スキルよりも基礎回復量が低い
  • 回復魔力と基礎回復量について以下にグラフで比較

 ↓画像タップで拡大


回復スキルの使える武器

星5
星4

最強武器ランキングはこちら

HP回復スキルの基礎知識

回復魔力には上限がある

HP回復スキルは、回復魔力によって回復量が上昇します。しかし、スキルごとに決められた回復魔力の上限値を超えると、それ以上回復魔力を上げても回復量は上昇しないようになっています。

例)「いやしの風」であれば、回復魔力の上限は500と決まっているため、それ以上回復魔力を上げても回復量は変わりません。

HP回復効果UPについて

HP回復量は以下の各項目を乗算した値となりますが、HP回復スキルが呪文か特技かによって有効な効果が異なりますので注意してください。

①基礎回復量回復魔力が高いほど上昇するが上限あり。スキルによって上昇値や上限値が異なる。
②乱数乱数値
③スキルHP回復効果特技と呪文両方に効果あり
④とくぎHP回復効果特技のみ効果あり
⑤じゅもんHP回復効果呪文のみ効果あり
⑥イベントHP回復効果イベントの特殊効果など

※各項目内の効果は加算

実際の回復量について

例えば、回復魔力650(上限)、スキル回復効果+60%でトワイライトヒールを使用した場合の回復量は、

HP回復量 = 基礎回復量130 x 1.6 = 平均208

となります。

検証方法

例として、トワイライトヒールの回復魔力上限値、最大回復量を調査する場合の検証方法を以下にまとめます。
※以下は検証方法の一例となります。

①回復魔力上限の当たりをつける

基礎回復量が変わらなくなる回復魔力上限の当たりをつけるため、回復魔力を100ずつ変えて計測します。回復量の最低値と最高値を計測し、基礎回復量を逆算して算出しています。算出値の平均が乱数を除いた基礎回復量となります。

回復魔力回復量UP回復量算出値
スキル特技/呪文最低最大最低最大平均
500+17%+0%11412898110104
600+17%+0%133149114128121
700+17%+0%143160123137130

600→700の基礎回復量の増え方が500→600よりも少なくなっており、600~700の間に上限があることがわかります。基礎回復量の上昇が500→600の半分程度のため、650付近を重点的に調査します。

②回復魔力上限を調査

回復魔力700から下げて回復量が変わるポイントを探します。①より650が上限の可能性が高いため、まずは回復魔力650を調査します。650で変わらないことが確認できたため、次に649で調査します。
※回復量UP効果を変えずに計測します

回復魔力回復量UP回復量算出値
スキル特技/呪文最低最大最低最大平均
700+17%+0%143160123137130
650+17%+0%143160123137130
649+17%+0%142159122136129

649で変化があり、回復魔力上限は650(基礎回復量130)であることがわかりました。

参考資料

HP回復量の計算式はみるきぃさんの仮説式を参考にさせていただいております。

ドラクエ5コラボのタグ

「ドラクエ5コラボ」の記事一覧

コメント (49件)

投稿の際は「投稿規約」を順守して投稿して下さい。
ニックネーム
※トリップ利用可
コメント
最新を表示する
  • No.13 MHOWgUA 7月20日
    23
    17
    回復魔力をあげてもそんなに回復量は伸びないが、その代わりに回復魔力が低くてもそこそこの量が回復する、最低保証型の全体回復スキルを備えた呪文攻撃の杖とかもでないかなあ。
    昔の賢者的にオールマイティに戦えるようなヤツ。
    返信数 (1)
    • No.31 IIKBBiA 7月24日
      3
      0
      っ癒しの果汁
    返信する
  • No.10 N0dZiRg 7月19日
    41
    4
    ハッスルダンスも追加していただけるとありがたい
  • No.9 GCZWdnU 7月19日
    12
    2
    消費MPも図に載ってると良いなと思います
  • No.8 QGlwKFY 6月15日
    8
    3
    そよかぜ
  • No.7 khIBVSA 3月30日
    91
    3
    ベホマラーは賢者だとやまびこのるのがいいねー
    返信数 (3)
    • No.14 kBIGFGA 7月20日
      5
      10
      マホトーンだと使えない?
    • No.22 FjFAQ1U 7月22日
      8
      1
      まもりすればいいから
    • No.36 GBEoECM 7月26日
      2
      0
      マホトーン云々は、
      もしそういう強敵が出てきたならその時だけ特技回復武器に持ち替えれば済む話なんだよねえ
      一度でもベホマラーに切り替えたら他の回復武器使えなくなるって訳じゃないんだから

      そもそもそんなシーン滅多に無いけどね
    返信する
  • No.6 NpJoBYg 1月18日
    8
    90
    このコメントは非表示対象です。
    酔っぱれってるので何が一番いいかわかりません??
    回復量はMAX変わりない?
    パンプキンエールが一番いいのでは?
    付加価値的には。
    4凸してるホウキが現状最強回復武器なのでは?
    (防具同一で)

    今後すぐにそれ以上の武器が出るんでしょうけど・・・。
  • No.5 N4AnR2k 2020年12月26日
    32
    26
    いやしの果汁
  • No.4 QEdJgwI 2020年12月18日
    129
    8
    ちなみにスパスタのハッスルダンスは600の85
    で、消費MPは4増えるのにいやしのかぜより1しか基礎回復量増えないですが、回復棍などの得意武器装備すると職業効果でハッスルダンス10%上昇するので、いやしのかぜより回復する場合があります。
    (その場合オートでハッスルダンス優先するようになる)
    返信数 (1)
    • No.21 OJNlCCA 7月22日
      1
      0
      まあ、ハッスルダンスはドラゴンロッドの、特技回復効果+20%UPありきの技だからなー

      確かドラロのハッスルは癒しの波動とそんな変わらなかった気がする
    返信する
  • No.3 @taka551 2020年12月17日
    117
    3
    素晴らしい記事ですね
    ありがとうございます。
  • No.2 NkKAGQk 2020年12月17日
    223
    11
    この記事にイイネをしたい!
    返信数 (1)
    • No.19 aIlFRFA 7月22日
      1
      10
      嫌だ‼️
    返信する
  • No.1 @horus 2020年12月17日
    95
    6
    これは凄い参考になる。この検証結果を見るとやはりPUの回復武器は短期戦には必須だなぁ…
ページトップへ